自己負担100万円以内で結婚式を叶えるために大切な2つのポイント

結婚式

結婚式に対して不安な気持ちになる1番の理由は、費用に関することではないでしょうか。

お金事情がまったくわからないので、「結局どれくらいかかるのか」「今の貯金だけで足りるのか」と、多くの方が悩んでいることと思います。

 

そうなんです…

私たち、自己負担は100万円まで覚悟してるんですけど、それを超えちゃわないか不安で…

詳しく相談できる方がいればいいのですが、なかなかそうも行かないのが現実ですよね。

 

大谷
大谷

そこで今回は元ウェディングプランナーの私が、自己負担100万円以内で結婚式は挙げられるのか、そして100万円より少ない金額に抑えるための具体的なポイントまでを徹底解説していきます。

わからないまま話を進めていては楽しめないと思いますので、お金を不安を解消できるようにチェックしておきましょう。

 

金額はお得になるのに
クオリティは高くなる!?

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画プログラムで公開中

結婚式の自己負担は平均して100万円を超える事実

ではまずは、自己負担100万円で結婚式の費用は足りるのか見ていきましょう。

そのためには、先輩カップルが実際どうだったのかをチェックするのが、一番リアルでわかりやすいと思います。

 

『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』では、実際の結婚式の費用とご祝儀についてアンケートを行なっていまして、結果はこのように発表されていました。

  • 結婚式総額平均:357.5万円
  • 祝儀総額平均:232.8万円

 

では、この結果を元に、2人の自己負担の金額を計算してみましょう。

357.5万円-232.8万円=124.7万円

 

ということは、100万円の予算だと足りないってことですね…

平均の費用とご祝儀から考えれば、確かに100万円では足りないということになりますね。

 

とはいえ、これはあくまで平均から見た結果ですから、今度は2人が実際に支払った自己負担についてチェックしてみましょう。

 

実際に2人が支払った結婚式の自己負担はいくらだったのか

結婚式の自己負担は平均して約125万円でしたが、全員が同じ金額だったわけではありません。

それは、結婚式の内容、ゲスト人数はすべてバラバラで、それに伴って金額にも違いが出るからです。

 

そこで、最終的に2人が支払った金額がいくらだったのか、『みんなのウェディング白書2016』が行なっていましたので、そちらの結果を見てみましょう。

 

Q:挙式・披露宴で最終的な2人の支払い額は?

 

このアンケートでは、『100万円未満』と答えた方の割合はなんと60.9%。

”持ち出し費用”とは2人の自己負担のことですが、『まったく持ち出し費用がなかった』方も16.7%いました。

 

大谷
大谷

ですから、100万円も2人が自己負担することができるなら、結婚式は十分挙げることができるのです。

では、結婚式を100万円以内、いやもっと少ない負担で結婚式をするためにはどうすればいいのか、そのポイントをお話ししていきましょう。

 

自己負担100万円以内で結婚式を挙げるために大切な2つのポイント

結婚式を自己負担100万円以内で挙げることはできると、アンケート結果が教えてくれました。

しかし、自己負担が100万以上、いや250万円を超えた、というカップルもいたことも、このアンケートではわかりましたね。

 

そんなに負担が増えたら、私たち払えません…

では、そうならないようにするためのポイントを、今回は2つご紹介していきましょう。

 

最初の見積もりの安さに飛びついて申し込まない

まず1つ目のポイントは、”見た目の見積もりの安さだけで判断しない”ということ。

大谷
大谷

これは、当たり前のように感じるかもしれませんが、実は一番できていないカップルが多いです。

 

意識してほしいのは、結婚式の見積もりは打ち合わせのたびに金額アップするものということ。

その金額差はとても大きくて、契約した時と支払いの時とでは平均して102万円の違いがあったことを、『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』で発表されています。

 

なので、もし最初の見積もりで「自己負担は20〜30万円くらいでイケますよ〜」とウェディングプランナーに言われても、それをそのまま信じてはいけません。

その時はそう見えても、最終的には金額がアップすれば150万円、いや200万円の自己負担をする羽目になるかもしれないのです。

 

結婚式のプランニングは契約前から始める

そして2つ目のポイントは、”プランニングは契約前から始める”ということです。

プランニングですか?

ちょっとよくわからないですね。

 

ほとんどの新郎新婦の皆さんは、ブライダルフェアに参加して、気に入った会場が見つかればそのまま契約。

そして、具体的な内容は、契約をした後に打ち合わせをしながら決めていきます。

 

ですが、これでは残念ながら”結婚式場のクモの巣”にかかったようなもの。

打ち合わせをするたびに、金額アップは避けられなくなり、したいことがあっても我慢するしか選べなくなってしまうのです。

 

そうならないためには、ある程度2人の結婚式のイメージを作って、何にお金を使って、何を節約するのかを決めておくことが大切になります。

そうすれば、その条件にあった結婚式場を探すことができるので、より2人らしい結婚式を無理のない自己負担で挙げることができるのです。

 

まとめ

今回は、結婚式は100万円の自己負担でできるのか、そしてそうするためのポイントについてお話ししてきました。

結論としては、「100万円あれば結婚式はできるけど、足りない場合もあり得る」ということ。

 

実際、予想以上の金額アップで払えなくなり、会場とトラブルになるケースも少なくありません。

そうならないためには、事前にしっかりと情報を集めて、プランニングすることが大切だと覚えておいきましょう。

 

さて、結婚式は一生に一度の大イベント。

だからこそ、妥協せずにこだわって、豪華にしたい・ゲストを楽しませたいと思うのは当然です。

 

大谷
大谷

とはいえ、こだわりすぎると、当然見積もりはどんどん上がりますが、でも、こだわった豪華な結婚式をお得に挙げられたら最高ですよね?

ブライダルアドバイザーが、金額はお得になるのに、クオリティは高くなり、友達から「うらやましい」と思われる豪華な結婚式を叶える方法を公開中!

\詳しくはこちら/

クリックして詳細をチェックする

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
結婚式負担費用
フォローする
Baibley Wedding