結婚式を100万円以内で挙げるための2つのスタイルとテクニック

結婚式

100万円以内で結婚式ってできないのかな…

結婚式費用の相場が全くわからないと、ぼんやりとそんな悩みを抱えている方もいるかもしれませんね。

 

大谷
大谷

ここではっきりと断言しておきますが、結婚式は予算100万円あれば、結構色々できるものです。

”結婚式には300万円、400万円かかる”というイメージが先行しているだけで、100万円くらいの予算があれば十分可能なのです。

 

今回の記事では、予算100万円以内でできる結婚式の内容について、しっかりと掘り下げていきます。

読み終えたころには、100万円あれば十分結婚式ができる!と思ってもらえるはずですから、しっかりと最後までお読みください。

 

お得にはしたいけど、豪華な結婚式は諦めたくない!
質素な内容でゲストをガッカリさせたくない!

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画&7メールプログラムで
1週間限定の無料公開

結婚式の”予算100万円以内”には2つの見方がある

まずはじめに、予算100万円以内の結婚式について、少し整理してみましょう。

元ウェディングプランナーの私が”予算100万円”と聞くと、頭の中に2つの内容が出てきますが、その2つがイメージできますか?

 

2つですか?

う〜ん…わからないです。

ここが曖昧だと、今後の話が進められないので、どちらを考えているのか確認しておかなくてはなりません。

 

その2つとは、、

  • 結婚式の”総額”が100万円なのか?
  • 2人の”自己負担”が100万円なのか?

 

ピンときていないかもしれませんので、掘り下げてお話ししていきましょう。

 

結婚式の費用を負担するお金事情

全国の結婚式の平均金額は350万円ほどと、2018年のゼクシィのアンケート調査では発表されています。

ですが、この金額すべてを新郎新婦2人が負担しているわけではありません。

 

実は、結婚式の費用を負担する”お金”が、もう一つあります。

大谷
大谷

そのお金とは、ゲストからお預かりするご祝儀です。

 

結婚式費用=ご祝儀+自己負担

結婚式のお金事情はこのようになっていますから、カップルが全部お金を出すわけではありません。

 

そして、このお金事情によって、予算100万円以内には2つの意味が出てきます。

つまり、結婚式の総額が100万円以内なのか?、2人の自己負担が100万円以内なのか?、ということです。

 

なるほど。

参考にしたいので、その2つの内容を教えていただけますか?

では、具体的にどう違うのか、内容を解説していきましょう。

 

総額100万円以内の結婚式のスタイル

ではまず、総額が100万円以内の結婚式についてです。

総額100万円ということは、ご祝儀と2人の負担金額を合わせて100万円ということですから、かなり限られた予算になります。

 

この場合の内容には、食事会スタイルの結婚式がオススメです。

ゲストの人数は10〜20人と、親族までが参列する結婚式のイメージをしてみましょう。

 

食事会スタイルの結婚式とは

結婚式は、大きく2つのイベントに分けることができます。

その2つとは、”挙式”と”披露宴”です。

 

そして、結婚式の費用の大半は、実は披露宴にかかっていて、挙式自体はそこまで高いものではありません。

大谷
大谷

そこで、総額100万円以内にするために、披露宴ではない別の方法を取り入れようということです。

 

そこで、披露宴の代わりとなるのが”食事会”。

食事会は、会場と料理・飲物があればできますから非常にシンプルで、お金もあまりかかりません。

 

キリスト教式や神前式で挙式を終えた後、家族や親族、親しい友人だけで会話と料理を楽しむ。

このスタイルなら、総額100万円以内で十分結婚式はできます。

 

総額100万円以内の結婚式の具体的なプラン

総額100万円以内なら、食事会スタイルの結婚式がオススメです。

とはいっても、その中にも色々とやり方はありますので、ここでは具体的に2つのプランをご紹介しましょう。

 

  • レストランウェディング
  • 会費制結婚式

この2つのプランについて、掘り下げてお話しします。

 

レストランウェディング

結婚式を挙げる場所としては、ホテルや専門式場が有名ですよね。

この2つの会場は最適な場所ではありますが、少人数のゲストならレストランウェディングがオススメです。

 

食事会スタイルの最大のポイントは、何と言っても料理になります。

そこで、普段から美味しい料理を提供するレストランを使うことで、そのポイントを押さえることができるのです。

 

また、少人数の場合、きらびやかな会場ではなく、少しカジュアルな方が会話も弾みます。

そうゆう意味でも、レストランウェディングは少人数の結婚式に最適と言えるでしょう。

 

会費制結婚式

結婚式では、ゲストからご祝儀をお預かりするのが一般的です。

しかし、実はそれ以外にも方法があって、それが”会費制”と呼ばれるスタイルになります。

 

会費制はその名前の通り、ゲストから一定の『会費』をいただいて行う方法で、この会費は2人が自由に決められます。

会費は1万円以内が多いですが、参考にマイナビウエディングが行なったアンケート結果を掲載します。

 

Q:1人あたりの会費はいくらにした?

 

でも1万円の会費だと、私たちの負担が増えませんか?

確かに結婚式の料理は1万円以上が普通ですから、正直苦しいと思います。

 

ですが会費制の場合は、フルコースで料理を用意しなくても問題ありません。

むしろ、立食ブッフェの形式が一般的なので、それであれば1人5,000円から準備できます。

 

いかがでしたか?

総額100万円の少人数で挙げる結婚式にも、色々とプランがあることがわかりましたね。

 

大谷
大谷

では次は、自己負担が100万円の場合の結婚式のスタイルについてお話ししていきましょう。

 

自己負担100万円以内の結婚式のスタイル

次に、自己負担が100万円以内の結婚式についてお話ししましょう。

実は、もし2人が負担する金額が100万円までOKなら、普通に結婚式を挙げることができます。

 

本当ですか?

でも少し疑わしいですね。

それなら、信じてもらえるように少しデータを紹介しましょう。

 

『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』では、結婚式を終えたカップルにアンケートを行なっていまして、その結果からこのようなデータが発表されています。

結婚式費用平均:357.5万円
祝儀総額平均:232.8万円

 

この数字から2人の自己負担を計算すると、、

357.5万円-232.8万円=124.7万円

 

25万円はオーバーしていますが、これくらいなら希望があるように思いませんか?

結婚式では、費用の大半をご祝儀がカバーしてくれますので、2人が100万円出せるなら普通に結婚式はできるのです。

 

両親からの援助は約7割

ですが、実は先輩カップルの多くは、実は100万円よりもっと少ない自己負担で結婚式を挙げている方が多いです。

その理由は、両親や親族からの援助があったことで、ずいぶん金額が減っていたのです。

 

Q:両親・親族からの援助は?

 

『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』のアンケートでは、なんと70%以上の方が、両親や親族から援助をされていました。

しかもその金額は、平均して約174万円だったのです。

 

もし、両親から援助の話があれば、一般的なことですからありがたく受けることをオススメします。

 

自己負担を100万円より少なくする割引プラン

ただ、結婚式をするみなさん全員が、援助をもらえるというわけではありませんよね?

大谷
大谷

そこで、自己負担を少しでも軽くできるように、割引プランを3つご紹介します。

 

仏滅プラン

結婚式の日程はもうお決まりですか?

もしまだ決まっていないということなら、『仏滅』を検討してみることをオススメします。

 

仏滅って何ですか?

仏滅は六輝(ろっき)と呼ばれる吉凶を表す言葉の1つで、昔から結婚式には向いていない日とされています。

 

Q:挙式を挙げた日の暦は?

 

『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』のアンケートでは、結婚式に良いと言われる『大安』と比べて、人気の差は歴然。

そこで、少しでも予約を増やしたいと思っている会場は、仏滅プランとして特別な割引をしていることが多いです。

 

ただ、お話ししたように結婚式には向いていないと仏滅は言われていますので、両親からの反対も考えられます。

その対策については、『仏滅に結婚式はしていいの?六輝それぞれの意味や由来、仏滅の結婚式への対策を徹底解説!』で解説していますので、必ずそちらを読んでおきましょう。

 

ナイトウェディングプラン

結婚式はお昼や夕方に行われるイメージがあると思います。

ですが、実は夜でも結婚式を挙げることができまして、むしろ夜の方が結婚式の価格は押さえることができるので得なのです。

 

なんで夜は安くなるんですか?

これは先ほどの仏滅と同じ仕組みで、昼や夕方は人気が集中するので、少しでも夜の申し込みを増やそうと考えて割引プランを準備しています。

 

ただ、ナイトウェディングの場合、遠方のゲストは自宅に帰れなくなってしまうので、その日の宿泊場所を用意する必要が出てきます。

結婚式がお得になっても、宿泊費が高くなっては意味がありませんので、宿泊が必要そうなゲストの人数をチェックしておくことをオススメします。

 

お急ぎ婚プラン

ゼクシィが2018年に行なったアンケートでは、結婚式の申し込みは当日まで平均10ヶ月という結果でした。

ただ、旅行の予約とは違って、結婚式は申し込みが早ければ早いほど価格は高くなります。

 

大谷
大谷

ですが、早くに申し込みをしたからといって、打ち合わせを早くから始められるわけではありません。

ということなら、打ち合わせが始まる時期を狙って申し込みすれば、準備も間に合うし価格も安くなると思いませんか?

 

具体的な期間としては、当日まで半年がベストと言えるでしょう。

焦って申し込みする必要がない場合は、できれば予定の日にちまで半年を切る頃に会場見学を始めてみましょう。

 

ちなみに、結婚式の準備期間については、『結婚式の準備期間を徹底解説!平均期間や打ち合わせ内容まで完全網羅』に詳しく書いていますので参考にしてください。

 

まとめ

今回は、予算100万円以内の結婚式について掘り下げてお話ししました。

 

結婚式は、2人の負担金額とゲストからのご祝儀があります。

ですから、もし100万円を負担できるなら、普通に披露宴ありの結婚式が挙げられます。

 

しかし、ご祝儀と2人の負担金額合わせて100万円の予算でも、食事会スタイルなら十分可能です。

予算は結婚式の内容を大きく変えますから、しっかりと話し合っておきましょう。

 

さて、結婚式は一生に一度の大イベント。

だからこそ、妥協せずにこだわって、豪華にしたい・ゲストを楽しませたいと思うのは当然です。

 

大谷
大谷

とはいえ、こだわりすぎると、当然見積もりはどんどん上がりますが、でも、こだわった豪華な結婚式をお得に挙げられたら最高ですよね?

ブライダルアドバイザーが、金額はお得になるのに、クオリティは高くなり、友達から「うらやましい」と思われる豪華な結婚式を叶える方法を公開中!

\詳しくはこちら/

クリックして詳細をチェックする

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
結婚式負担費用
フォローする
Baibley Wedding