結婚式の費用を一人単価を元に計算!ご祝儀や自己負担も一緒に解説

相場

婚式を挙げる際に必要な、ゲスト1人あたりの単価を知りたくありませんか?

一人単価がわかれば、結婚式費用を自分たちが招待する人数で計算できるわけですからね。

 

大谷
大谷

大丈夫です、そのお悩みは全国アンケートを行なったデータをチェックすれば、簡単に求めることができます。

今回は、ゼクシィが行なったアンケートを元に、結婚式の一人単価、ご祝儀平均、最終的には人数別の自己負担を計算していきます。

 

この記事を読めば、あなたが予定している人数で、結婚式費用のあれこれを計算できるようになりますよ。

 

お得にはしたいけど、豪華な結婚式は諦めたくない!
質素な内容でゲストをガッカリさせたくない!

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画&7メールプログラムで
1週間限定の無料公開

結婚式費用の一人単価

婚式の一人単価って、少し周りには聞きにくい内容ですよね?

おそらく、「金額次第でゲストの人数決めるの?」って思われそう…という、潜在意識があるのだと思います。

 

ですが、全ての方が贅沢にお金を使えるわけではありません。

結婚式を挙げるためにどれだけのお金がかかるのか、それを考えることは非常に大切なことです。

 

それでは、まずは『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』のアンケート結果を見ていきましょう。

 

Q:結婚式費用の総額はいくら?

 

『400〜450万円未満』の方が一番多いんですね。

ただ、ゲストの人数によって結婚式の金額は決まりますから、参列した人数もチェックしなくてはいけませんよね。

 

Q:結婚式に招待した人数は?

 

この2つのアンケート結果から、それぞれの平均はこのように発表されています。

結婚式費用:平均357.5万円
ゲスト人数:平均69.4人

 

これで、ゲスト一人あたりの単価が求められますね。

一人単価:357.5万円÷69.4人≒5.2万円

 

もし80人招待するなら、【5.2万円×80人=416万円】のお金が必要となるわけです。

 

エリアでも異なる一人単価

しかし、一人単価5.2万円は全国平均です。

金額というのは同じものでも、地域によっても全然違いますから、結婚式でも違うものかチェックしておきましょう。

 

先ほどのアンケート結果から、エリア別に平均の総額と人数を求め、一人単価を計算するとこのようになります。

 

都道府県平均金額平均ゲスト1人当たり
北海道194.6万円83.0人1.62万円
青森・秋田・岩手335.6万円97.6人3.44万円
宮城・山形354.3万円68.4人5.18万円
福島395.9万円82.0人4.82万円
茨城・栃木・群馬379.9万円72.3人5.25万円
首都圏372.4万円61.6人6.05万円
新潟353.2万円61.8人5.72万円
長野・山梨373.8万円71.8人5.21万円
富山・石川・福井342.3万円58.5人5.85万円
静岡376.2万円73.3人5.13万円
東海357.0万円59.4人6.01万円
関西348.8万円59.7人5.84万円
岡山・広島・山口・鳥取・島根349.1万円65.6人5.33万円
四国361.1万円73.8人4.89万円
九州377.6万円93.4人4.04万円

 

一見、金額は高いように見えても、人数が多いってところもありますね。

結婚式には、色々と地域性が影響することがありますから、エリア別の一人単価で計算した方が一番良いかもしれません。

 

結婚式でいただく一人あたりのご祝儀

婚式の費用を話し合う上で、ゲストからのご祝儀は外すことのできない内容です。

大谷
大谷

この件も、なかなか周りに聞きにくいことですが、ここでキチッと押さえていきましょう。

 

ゼクシィの同調査のアンケート結果は、このようになりました。

 

Q:結婚式でお預かりしたご祝儀の総額は?

 

この結果と元に、祝儀総額の平均を計算するとこうなります。

祝儀総額:平均232.8万円

 

そして、ここからゲスト一人のご祝儀平均を計算します。

祝儀平均:232.8万円÷69.4人≒3.3万円

 

これで、結婚式での新郎新婦の自己負担の金額が、計算できるようになりました。

 

参考:結婚式費用の相場を80人を例に解説!自己負担を減らす節約テクニックも公開

結婚式の自己負担を人数別に紹介

婚式の一人単価とご祝儀の平均が分かりましたので、人数ごとに色々と計算ができるようになりました。

ということで、30〜120人のゲスト人数ごとに、結婚式費用と祝儀総額、そして自己負担の金額を一覧にまとめます。

 

ゲスト人数費用総額祝儀総額自己負担金額
30人156万円99万円57万円
40人208万円132万円76万円
50人260万円165万円95万円
60人312万円198万円114万円
70人364万円231万円133万円
80人416万円264万円152万円
90人468万円297万円171万円
100人520万円330万円190万円
110人572万円363万円209万円
120人624万円396万円228万円

 

招待する人数が増えると、私たちの負担も増えますね。

確かにそのように見えますが、これはあくまで平均です。

 

結婚式に必要な費用がこの金額で確実なわけではないし、ご祝儀もどうなるか正確にはわかりません。

これから結婚式の話をするための参考として考えてください。

 

また、これから結婚式場の見学では、見積もりをもらうことになります。

その金額が安いのか?それとも高いのか?を、なんとなく判断するのに、一人単価は十分役立つはずです。

 

まとめ

回は、結婚式の一人単価からご祝儀、自己負担までを押さえてきました。

 

結婚式には経験がない分、見えないことがきっと多いはずです。

そして、あまりにも情報が多いので、焦っていると決定的な見落としも起こります。

 

しっかりと情報収集をして整理して、じっくりと準備を進めていきましょう。

 

さて、結婚式は一生に一度の大イベント。

だからこそ、妥協せずにこだわって、豪華にしたい・ゲストを楽しませたいと思うのは当然です。

 

大谷
大谷

とはいえ、こだわりすぎると、当然見積もりはどんどん上がりますが、でも、こだわった豪華な結婚式をお得に挙げられたら最高ですよね?

ブライダルアドバイザーが、金額はお得になるのに、クオリティは高くなり、友達から「うらやましい」と思われる豪華な結婚式を叶える方法を公開中!

\詳しくはこちら/

クリックして詳細をチェックする

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
相場結婚式費用
フォローする
Baibley Wedding