結婚式でゲスト1人にかかる費用から、結婚式の金額の相場を計算しよう!

相場

婚式にどれくらい費用が必要なのか考えても、これまで経験がないので相場感が全然わかりませんよね?

お金がとてもかかる、ということだけはわかると思いますが、それではあなたもパートナーと話ができないはずです。

 

私たちも、それで困っていて…

ゲスト1人にどれくらいかかるかわかると嬉しいんですけど…

それがわかれば、人数に合わせて計算できますのでとても便利ですよね?

 

そこで今回は、結婚式でゲスト1人招待するとどれくらいの費用がかかるのか、ご祝儀も踏まえて解説していきます。

結婚式をするにあたって必要な情報ですので、必ず目を通しておきましょう。

 

お得にはしたいけど、豪華な結婚式は諦めたくない!
質素な内容でゲストをガッカリさせたくない!

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画&7メールプログラムで
1週間限定の無料公開

結婚式でゲスト1人にかかる費用

婚式でゲスト1人にかかる費用は、昔から大体5〜6万円と言われています。

大谷
大谷

ですので、60人招待すれば300〜360万円、100人招待すれば500〜600万円が必要ということです。

 

ただ、これはなんとなくの相場感ですので、本当にそうなのか検証してみましょう。

『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』では、結婚式の総額とゲスト人数の平均が発表されていますので、その数字を見てみましょう。

 

結婚式費用:357.5万円
ゲスト人数:69.4人

 

ということは、ゲスト1人あたりを計算すると【357.5万円÷69.4人≒5.2万円】となります。

これは、先ほど紹介した1人あたり5〜6万円と一致します。

 

じゃあやっぱり、1人に5〜6万円は見ておいたほうが良さそうですね。

結婚式の金額は、その内容によっても違いますので、5〜6万円と幅を見ておくと安心かもしれません。

 

都道府県で違う1人にかかる費用

ただ、先ほど紹介した数字は、都道府県すべてを合わせた数字です。

実は、結婚式の費用は各都道府県で、全然ちがうことがわかります。

 

そこで、都道府県別で結婚式費用とゲスト人数、1人あたりの金額を見ていきましょう。

 

都道府県平均金額平均ゲスト1人当たり
北海道194.6万円83.0人1.62万円
青森・秋田・岩手335.6万円97.6人3.44万円
宮城・山形354.3万円68.4人5.18万円
福島395.9万円82.0人4.82万円
茨城・栃木・群馬379.9万円72.3人5.25万円
首都圏372.4万円61.6人6.05万円
新潟353.2万円61.8人5.72万円
長野・山梨373.8万円71.8人5.21万円
富山・石川・福井342.3万円58.5人5.85万円
静岡376.2万円73.3人5.13万円
東海357.0万円59.4人6.01万円
関西348.8万円59.7人5.84万円
岡山・広島・山口・鳥取・島根349.1万円65.6人5.33万円
四国361.1万円73.8人4.89万円
九州377.6万円93.4人4.04万円

 

高いところは6万円を越えていますが、4万円というエリアもあります。

結婚式には、地域特有のしきたりも存在するので、その影響で金額にも違いが出ます。

 

各エリアの1人単価を踏まえて、結婚式の総額を計算するほうが、より現実に近い数字になるでしょう。

例えば、東京で80人を招待して結婚式をすると、【6.05万円×80人=520万円】も必要ということです。

 

しかし、これはあくまで平均なので、520万円よりももっと高い可能性もあります。

 

結婚式でゲスト1人からいただくご祝儀の金額

スト1人にかかる費用がわかれば、結婚式の相場がだいたい見えてきます。

ただ、その費用全てを、あなたとパートナーが支払うわけではないですよね?

 

結婚式では、ゲストからお預かりするご祝儀がありますので、その総額も計算する必要があるのです。

そこで、ゼクシィの同調査から、結婚式でいただくご祝儀の総額を見てみます。

 

祝儀総額:232.8万円

 

ゲストが平均69.4人ですので、1人あたり【232.8万円÷69.4人≒3.3万円】ということです。

結婚式の総額からご祝儀を引けば、あなたとパートナーの自己負担の金額ですから、一度計算をしてみると良いでしょう。

 

ただし、結婚式の総額もご祝儀も、あくまで平均から割り出した数字です。

大谷
大谷

実際は、その金額では収まらない可能性は十分ありますので、信じすぎないようにしましょう。

 

参考:結婚式費用の相場を80人を例に解説!自己負担を減らす節約テクニックも公開

まとめ

て今回は、結婚式でゲスト1人にかかる費用とご祝儀について解説しました。

まったくわからないまま結婚式場に行くのと、少し相場感を知っているのでは、見積もりの見方も変わるはずです。

 

また、自己負担の金額を、2人でどう準備するのか。

その話し合いは必ず必要ですので、式場見学の前にしっかりと話し合ってください。

 

さて、結婚式は一生に一度の大イベント。

だからこそ、妥協せずにこだわって、豪華にしたい・ゲストを楽しませたいと思うのは当然です。

 

大谷
大谷

とはいえ、こだわりすぎると、当然見積もりはどんどん上がりますが、でも、こだわった豪華な結婚式をお得に挙げられたら最高ですよね?

ブライダルアドバイザーが、金額はお得になるのに、クオリティは高くなり、友達から「うらやましい」と思われる豪華な結婚式を叶える方法を公開中!

\詳しくはこちら/

クリックして詳細をチェックする

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
相場結婚式費用
フォローする
Baibley Wedding