結婚式の費用を全て彼氏持ちって普通?結婚式の費用負担について

結婚式

婚式ではわからないことが色々とありますが、その中でもお金に関係することは特に疑問が多いですよね。

友人に聞いても、経験していなければ何もかかりませんし、誰に聞けばいいかもわからなくて、混乱している方もいるかもしれません。

 

そうなんです…

噂で、結婚式のお金は彼氏が持つもの!って話を聞いたんですけど、それって本当ですか?

大谷
大谷

彼氏さんがですか?

そんな方もいるかもしれないですね。

 

そこで今回は、結婚式の費用を負担するのは誰なのか、彼氏持ちにしても良いのか徹底解説します。

結婚式の話題の中でも、1・2番を争うくらい重要な話ですので、しっかりとチェックしておきましょう。

 

お得にはしたいけど、豪華な結婚式は諦めたくない!
質素な内容でゲストをガッカリさせたくない!

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画&7メールプログラムで
1週間限定の無料公開

結婚式の費用を負担するのは誰?

ず確認していきたいのは、結婚式を費用は誰が負担するか?ということです。

僕たち2人でお金は準備するんじゃないんですか?

 

そう思われがちなんですが、実は多くの新郎新婦は、2人だけで費用を負担したわけではないんです。

『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』では、親・親族からの援助についてアンケートを取っていまして、その結果がこちらです。

 

Q:結婚式で親・親族からの援助はあった?

 

70%以上のカップルが、両親から援助を受けているのです。

ですので、2人だけではなく、お互いの両親も含めて話し合いをしなくてはなりません

 

結婚式の費用を彼氏持ちにしてもいいの?

は今回の本題、結婚式の費用を彼氏持ちにする件について考えていきましょう。

大谷
大谷

まず答えからお伝えすると、男性が全て結婚式のお金を準備しても、全然問題はありません。

 

なぜなら、結婚する全国のカップル、そしてお互いの両親も含めて、すべて同じ経済状況にあるわけではないからです。

ですので、新郎新婦それぞれですべて方法が違いますので、男性が全額お金を準備するのもアリということです。

 

結婚式の費用負担は両家でしっかり話し合う

結婚式の費用はすべて彼氏持ちでも全然問題ありません。

ですが、1つだけ条件があります。

 

それは、お互いの両親も含めて、全員が納得しているということです。

話し合った結果、男性が全額支払うということになったのであれば、それで構いません。

 

大谷
大谷

一番いけないのは、『新郎が全額払う』という意見を押し付けることです。

実は、結婚式の費用負担については、地域によって価値観や習慣が違うことが多いのです。

 

あまり一方的に意見を伝えては、両家の関係が悪くなって、婚約解消という自体になる可能性もあります。

お互いの意見を聞いて、しっかり話し合うことが大切ということですね。

 

参考:結婚式の費用を新郎側が全額負担!?両家で違う費用負担の考え方

結婚式の費用負担の方法

こからは、結婚式の費用負担について話し合ってもらうために、一般的な方法をいくつか解説していきます。

これがすべてということではありませんが、具体的な方法を知らないとなかなか話すのも難しいと思いますので、これから紹介する3つは参考にしてください。

 

両家で折半

一番よく取られている方法は、費用をすべて折半するやり方です。

一番単純で、複雑な計算も必要ないので、まずは折半することを考えてみましょう。

 

折半のポイントは、結婚式以外のお金を含めるかどうかです。

ゲストに支払う交通費や宿泊費まで含めて折半するか、それとも別にするか、きちんと決めておきましょう。

 

男性が多く負担

今は女性も働くことが多くなってきましたが、それでも収入は男性が上の場合が多いです。

その点を踏まえて、男性が割合多く費用を出すケースもあります。

 

例えばご祝儀を引いた分を、新郎:新婦=6:4や7:3と割合を決めて分担します。

この方法は、折半の次によく取り入れられている方法です。

 

女性が多く負担

最後は、女性側が多く結婚式の費用を負担する方法です。

女性が多く払うんですか?

少し違和感ありますけど…

 

これは、結婚式では新婦のアイテムの方が高くなるので、その点を考慮した方法です。

 

例えば、男性が多く払うことになっていると、衣装合わせで価格が気になってしまうという方もいます。

女性が多く払うことで、相手を気にせずに衣装を選べるということです。

 

大谷
大谷

どんな方法にするのかはカップルそれぞれですので、必ず結婚式場を見学する前にしっかりと話し合っておきましょう。

 

まとめ

回は、結婚式の費用を彼氏持ちにする件について解説しました。

男性が結婚式のお金をすべて支払うのは、特に間違いではありませんし、それでも構いません。

 

ただし、それが当然ということではありませんので、必ず両親の意見も踏まえて話し合いをしてください。

あとで揉め事になる可能性が高いですので、後回しにしないようにしましょう。

 

さて、結婚式は一生に一度の大イベント。

だからこそ、妥協せずにこだわって、豪華にしたい・ゲストを楽しませたいと思うのは当然です。

 

大谷
大谷

とはいえ、こだわりすぎると、当然見積もりはどんどん上がりますが、でも、こだわった豪華な結婚式をお得に挙げられたら最高ですよね?

ブライダルアドバイザーが、金額はお得になるのに、クオリティは高くなり、友達から「うらやましい」と思われる豪華な結婚式を叶える方法を公開中!

\詳しくはこちら/

クリックして詳細をチェックする

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
結婚式負担費用
フォローする
Baibley Wedding