結婚式の予約ってどれくらい前にするもの?準備期間について解説

準備期間

婚式をすると決めたら、いろんな疑問がどんどん頭に浮かびますよね。

その中でも最初に気になるのは、結婚式の予約はどれくらい前にするものなのか?ということではないでしょうか。

 

急いだ方がいいのか、そうでもないのか…

判断がつかなくて。

あまり遅くなってしまって、バタバタしてしまうのは避けたいはずです。

 

そこで今回は、結婚式の予約はいつ頃行うものなのかを徹底解説していきます。

焦らずじっくり計画できるように、まずは予約する時期を考えてみましょう。

 

お得にはしたいけど、豪華な結婚式は諦めたくない!
質素な内容でゲストをガッカリさせたくない!

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画&7メールプログラムで
1週間限定の無料公開

結婚式の予約はどれくらい前にした?

はまずは、これまでのカップルが結婚式の予約をどれくらい前にしたのか見ていきましょう。

『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』で、結婚式当日から何カ月前に申し込みをしたかアンケートを取っています。

 

Q:結婚式場と契約したのはいつ?

 

半年前が一番多いんですね。

1年前もかなり多くなっていますので、この2つが基準になりそうですね。

 

大谷
大谷

ですが、これは新郎新婦が契約したタイミングなので、本当にこれだけの時間が必要なのかは別の話です。

 

結婚式の予約はどれくらい前にするべきなのか

際に結婚式の予約は、どれくらい前にする必要があるのか。

それは、契約した後に打ち合わせが始まるタイミングがポイントになります。

 

申し込みしたら、すぐ打ち合わせが始まらないんですか?

実は、早く契約しても、打ち合わせは半年切ってからじゃないとスタートしないことが多いのです。

 

半年切らないと打ち合わせが始まらない理由

1年前でも2年前でも、契約した時期がどのタイミングでも、基本的に打ち合わせは半年を切ってからです。

それには、結婚式場の都合が大きく関係しています。

 

大きな理由は、打ち合わせ回数を減らしたいからです。

 

準備の期間が長くなれば、その分打ち合わせ回数も増えてしまいます。

大谷
大谷

なので、出来るだけ打ち合わせを遅く始めて、パパッと済ませていきたいのがプランナーの本音です。

 

また、ドレスなどのアイテムで新作が出た場合、せっかく決めたのに、また打ち合わせをしなくてはいけなくなります。

そんな理由もあって、支障が出ない時期(半年前)からスタートさせているということなのです。

 

ですが、そんなことはほとんどのカップルは知っているはずがありません。

なので、「早くしないと準備が間に合いませんよ?」というプランナーの誘いに、まんまと乗せられて契約してしまう方も多いのです。

 

参考:結婚式の準備期間を徹底解説!平均期間や打ち合わせ内容まで完全網羅

タイプ別の結婚式の予約のタイミング

婚式の予約は、そこまで焦ってする必要はないことがわかりました。

ですが、2人の希望によっては、早めに予約すべき場合もあるんです。

 

そこでここからは、予約のタイミングを2つの希望に合わせてご提案していきます。

あなたがどちらの希望に沿っているか考えて、予約の時期を検討してみましょう。

 

希望する会場や日にちがある

まず考えてほしいのは、どうしてもここで挙げたい!という結婚式場や日にちがあるかどうかです。

もしこの2つのどちらかに譲れないものがあるなら、その場合は出来るだけ早めに結婚式の予約をしてください。

 

基準としては、予約が増え始める1年前あたり。

大谷
大谷

とにかく予約する時期を早めないと、埋まってしまってはどうすることもできないからです。

 

なので、1年以上前からブライダルフェアや式場見学をして、1年前前後で予約することが望ましいです。

 

価格を抑えたい

会場や日取りがどうこうより、結婚式の価格を少しでも抑えたいと思う方もいるはずです。

金額面が心配だというカップルは、当日まで半年を切ったタイミングで予約することをオススメします。

 

アンケート結果でもお分かりの通り、半年を切ると申し込みの件数が少なくなります。

大谷
大谷

なので、少しでも契約を増やそうと、結婚式場が割引サービスを始めるのが、この時期でもあるのです。

 

もし少しでも見積もりをお得にしたいと考えているなら、半年切るまで待ってみましょう。

 

それまでブライダルフェアに参加するのも、避けたほうがいいですか?

式場見学やフェアに参加するのは構いません。

 

ただ、参加して勢い余って契約してしまうことがないようにしましょう。

 

まとめ

回は、結婚式の予約をどれくらい前にするべきなのか解説しました。

準備が大変そうなので、急いで契約している方もいますが、そこまで焦る必要はありません。

 

ポイントは、2人の希望を考えることです。

どうしてもという日にちや会場があるなら早めに、価格を抑えたいなら半年前を基準にしてください。

 

結婚式は、焦ると損してしまうことが多いですので、じっくりスケジュールを立てることが重要です。

 

さて、結婚式は一生に一度の大イベント。

だからこそ、妥協せずにこだわって、豪華にしたい・ゲストを楽しませたいと思うのは当然です。

 

大谷
大谷

とはいえ、こだわりすぎると、当然見積もりはどんどん上がりますが、でも、こだわった豪華な結婚式をお得に挙げられたら最高ですよね?

ブライダルアドバイザーが、金額はお得になるのに、クオリティは高くなり、友達から「うらやましい」と思われる豪華な結婚式を叶える方法を公開中!

\詳しくはこちら/

クリックして詳細をチェックする

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
準備期間結婚式
フォローする
Baibley Wedding