結婚式費用で両親からの援助が片方からだけってどうなの?解決策を徹底解説!

結婚式

結婚式の費用について両親と話をしていると、援助の提案をされることがあります。

ですが、どちらともその話があればいいですが、片方の両親からしかない場合もあります。

 

私の両親は出してくれるんですけど、彼の両親は援助のこと何も言ってこなくて…

そんな感じで、なんとなくモヤモヤしている方も多いと思います。

 

そこで今回は、結婚式の費用で片方の親からしか援助がない件について徹底解説します。

お金のモヤモヤは、長くなると大きなストレスになりますので、今回で解決しておきましょう。

 

お得にはしたいけど、豪華な結婚式は諦めたくない!
質素な内容でゲストをガッカリさせたくない!

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画&7メールプログラムで
1週間限定の無料公開

結婚式費用で親からの援助があった割合

まずは、これまでのカップルが、結婚式で親から援助を受けていたかどうかチェックしてみましょう。

『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』で、アンケートを取っていまして、その結果がこちらです。

 

Q:結婚式で親・親族から援助はあった?

 

70%以上の新郎新婦が、援助を受けていました。

ですので、両親から援助があるのは、一般的な話ということです。

 

結婚式費用で片方の親からだけ援助を受けた割合

では次に、結婚式費用で片方の親からだけ援助があった割合をみてみましょう。

これもゼクシィの同調査のデータを元に掲載します。

 

Q:結婚費用への夫・妻側の親・親族からの援助は?

 

約25%は片方の親からだけ援助を受けています。

カップル全員が両方の親から援助されたわけじゃないんですね。

 

\結婚式を豪華にお得にしたいあなたに/

結婚式費用で片方の親からしか援助がない場合の対処

アンケート結果から、結婚式費用は片方の親からだけ援助を受ける場合もあることがわかりました。

でも、片方が出すなら相手も出すのが普通じゃないんですか?

 

そう思う方もいるかもしれないですが、実は少し違うんです。

大谷
大谷

順を追って考えれば、片方の援助でも問題ないと受け入れられるはずです。

 

結婚式の主催が費用を準備する

そもそも、結婚式のお金は主に誰が準備するものでしょうか?

う〜ん…本人ですかね?

でも親が全部出したって友人もいましたけど…

 

その答えは、『結婚式の主催が準備する』です。

 

昔は結婚式なら本人の親が主催でしたので、親がお金を準備していました。

ですが、今の結婚式は本人が主催のケースが多いですので、結婚する2人が準備するのが普通です。

 

大谷
大谷

「両親が出すもの」と考えている方もいますが、それはあくまで昔の話です。

なので、まずは2人の貯金から費用は全て払うということが基準になるわけです。

 

援助するかどうかは価値観が関係する

自分の子供の結婚式なら援助するのが当たり前かというと、決してそんなことはありません。

なぜなら、結婚式をすると決めたのは本人たちで、義務で行なっているわけではないからです。

 

「自分で決めたことは自分でなんとかしなさい」という価値観を持った方はいますし、その考え方は間違っているわけではありません。

援助をしてあげることだけが、正しいわけではないのです。

 

全員が援助できる状況にあるわけではない

そしてもっとも重要なことは、『全員の両親に余裕があり、援助ができる状況にあるわけではない』ということです。

援助したいと思っていても、援助ができずにいる方も当然います。

 

大谷
大谷

なので、自分の親が援助できるからと、相手の親にまでお願いはできません。

それは、ただパートナーの両親を傷つけるだけです。

 

確かに…

でも、私の親が「私たちは援助したのに…」と、相手の親に不満を持ちませんかね?

 

相手の親のことは言わない

2人が片方の親からの援助に納得しても、親が納得しないということもあるでしょう。

ですので、ここでアドバイスです。

 

相手の親が援助したかどうかを、自分の親には言わないようにしてください。

援助する・しないは、それぞれの考え方だけに任せましょう。

 

大谷
大谷

そしてあなたとパートナーは、まず2人の貯金でできる結婚式を考えて、もし援助の話があれば、ありがたく受ければ良いのです。

親からの援助は、考え方と経済状況が関係しますので、援助を強要してはいけません。

 

参考:結婚式の費用を新郎側が全額負担!?両家で違う費用負担の考え方

まとめ

今回は、片方の親からの結婚式費用の援助についてお話ししました。

一方の両親だけが援助するのは、特におかしいことではありません。

 

「あえて援助はしない」という考え方も間違っていませんし、そもそも援助できる状況ではないということも考えられます。

 

ますは2人が準備できる予算内の結婚式を考えること。

もし、一方の両親から援助の話があればありがたくいただき、相手の親にそのことを伝えないのがポイントです。

 

さて、結婚式は一生に一度の大イベント。

だからこそ、妥協せずにこだわって、豪華にしたい・ゲストを楽しませたいと思うのは当然です。

 

大谷
大谷

とはいえ、こだわりすぎると、当然見積もりはどんどん上がりますが、でも、こだわった豪華な結婚式をお得に挙げられたら最高ですよね?

ブライダルアドバイザーが、金額はお得になるのに、クオリティは高くなり、友達から「うらやましい」と思われる豪華な結婚式を叶える方法を公開中!

\詳しくはこちら/

クリックして詳細をチェックする

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
結婚式負担費用
フォローする
Baibley Wedding