結婚式で費用を負担してくれる親っているの?その割合と金額について

結婚式

婦共働きが多くなった今の時代ですが、それでもお金の余裕があるところは少ないですよね。

結婚指輪に新居への引っ越し、家具の購入と、これからの出費が気になるのも、結婚に関する話題の1つです。

 

結婚式のお金を両親が少し助けてくれないかぁ…

でも、そんなことお願いしていいのかな?

そんな疑問を抱えているカップルも多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、結婚式費用を両親が負担する件について徹底解説します。

2人の貯蓄だけでは不安でお願いしようと考えている方は、最後までお読みください。

 

お得にはしたいけど、豪華な結婚式は諦めたくない!
質素な内容でゲストをガッカリさせたくない!

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画&7メールプログラムで
1週間限定の無料公開

結婚式の費用を負担している親の割合

は早速ですが、結婚式の費用を負担している親の割合を見ていきましょう。

実は意外にも、援助を受けているカップルは多いことがわかっています。

 

Q:結婚式で親・親族から援助を受けた?

 

『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』のアンケート結果では、なんと70%以上の方が、援助を受けていたのです。

じゃあ、両親が負担するのも結構普通のことなんですね。

 

我が子の結婚式なので、少しでも助けてあげたいと思っている方が多いということでしょう。

ありがたいことですね。

 

結婚式は両親が主催で行うイベントだった

これだけ、両親からの援助を受けている方が多いのには、親心が大きいですが、別の要因もあります。

大谷
大谷

それは、結婚式はその昔、カップル本人ではなく両親が主催で行うものだったからです。

 

主催が親なら、その費用を準備するのも両親。

その文化が、まだ少し残っているのも、親が援助することが多い理由とも言えます。

 

今後、招待状を発送する際に、本状に本人だけか?両親連名か?と決めることになりますが、それも親主催の結婚式の名残なのです。

 

結婚式で親が費用負担している金額

婚式では、親が費用負担している割合が多いことがわかりました。

では、その金額はどれくらいなのでしょうか?

 

Q:親・親族からの援助総額は?

 

すごい…

結構な金額を助けてもらってるんですね。

なんと平均では174.5万円でしたので、コンパクトカーなら買えてしまう金額です。

 

これだけの援助があるなら、2人の自己負担もかなり少ないので助かりますね。

 

結婚式の費用負担を親に押し付けないこと

こまでの話を聞いて、早速両親に結婚式の費用負担をお願いしようと考えた方も多いでしょう。

確かに70%のカップルが援助を受けていたのなら、それが一般的とも言えます。

 

ですが、今の結婚式はあくまで本人主催です。

2人の結婚式ですので、まずは2人の貯金から準備することを基準に考えるのが、普通ではないでしょうか?

 

大谷
大谷

そして、援助をすることだけが、親心というわけではありませんよね?

『本人のことだから援助はしない』という考えも、納得できる話です。

 

また、たとえ援助したくても余裕がなくて、援助ができない方もいるはずです。

ですので、たとえカップルの多くが援助を受けていても、それを両親に押し付けないようにしてください。

 

確かに…

周りがそうでも、僕らが同じとは限らないですもんね。

あくまで2人が主催で、両親にはお願いする立場にいることを忘れないようにしましょう。

 

結婚式の費用負担を親がする場合の注意

婚式費用を両親が負担する場合、少し気をつけてほしいことがあります。

いや、少しではなくて、かなり気をつけてほしいことです。

 

それは、結婚式の費用を両家でどうやって負担するか?ということ。

大谷
大谷

実はこの話はとても大事で、あまり話さずにいると、あとで両親の関係が悪くなる可能性もあるのです。

 

結婚式費用の負担は地域特有の考え方がある

費用の負担方法については、しっかりと話し合いをしておかなくてはいけません。

それには理由があって、負担方法には地域それぞれで考え方が違うことが多いからです。

 

その中でもよくあるのは、「新郎が多く負担するのが普通」という考え方。

『新郎:新婦=7:3』は普通ですが、一部の地域では、男性が全額出すのが当たり前だとする地域もあるのです。

 

価値観や考え方の違いで衝突すると、厄介なことになりかねないので、両親から援助を受けるなら、式場を決める前に話し合っておきましょう。

 

まとめ

回は、結婚式の費用負担と親の関係について解説しました。

7割以上のカップルが援助を受けているので、世の中的には、両親に負担をお願いするのは普通のことです。

 

ただし、援助されることが当たり前ということではありません。

各家庭の事情や考え方はそれぞれ違いますので、お互いの両親の意見を確認することがとても大切なのです。

 

★総額100万円以上お得にする方法を特別公開!

結婚式はできるかぎり安くしたい!

けど、ゲストにガッカリされるような質素な結婚式にはしたくない…

 

元ウェディングプランナーが、豪華な結婚式をお得に挙げる方法を、3つの動画と7つのメールで1週間の期間限定で無料公開します。

\動画とメールの受け取りはこちらから/

クリックして詳細を見る

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
結婚式負担費用
フォローする
Baibley Wedding