結婚式の持ち出し費用は平均どのくらい?持ち出しをなしってできる?

結婚式

婚式が決まると、期待反面、頭にちらつくことがありませんか?

そうです、結婚式での2人の持ち出し費用がどれくらいなのかということ。

 

結婚式したいと思っても、自分たちが出せない金額だと、難しいですもんね。

今後の新生活もありますので、お金のことは慎重に考えないといけないところです。

 

そこで今回は、結婚式を挙げる際の2人の持ち出し費用について徹底的にお話ししますので、話し合いの材料としてしっかりお読みください。

 

お得にはしたいけど、豪華な結婚式は諦めたくない!
質素な内容でゲストをガッカリさせたくない!

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画&7メールプログラムで
1週間限定の無料公開

結婚式の持ち出し費用の平均は?

りあえず、まずは先輩カップルが結婚式を挙げたときの、持ち出し費用の平均が知りたいところですよね。

大谷
大谷

お話ししたかったんですけど、そんなアンケートデータがないんですよね。

 

じゃあ、どれくらいかかるのかは闇の中ってことですか?

いえいえ、平均の結果がなかっただけで、実際にどれくらい出したのか、その結果はわかりますよ。

 

Q:2人が最終的に払った金額は?

『みんなのウェディング白書2016』で発表されたアンケート結果は、このようになっていました。

 

結構、2人で出した金額って少ないんですね。

あ!全然なかった方も結構います。

50万円以下と、持ち出し費用がなかった方を合わせると4割ですので、結婚式って意外に2人が出さなくてもできるように見えますよね?

 

ですが、これはそう見えるだけで、掘り下げていくとそうでもないことがわかります。

 

結婚式で持ち出し費用なしにするには親からの援助が重要

婚式の持ち出し費用が、全くなしだったカップルも結構な割合でいました。

ですが、実際は2人の状況によってかなり違うんです。

 

それは、2人の親や親族が援助をしてくれるかどうかということ。

大谷
大谷

実は、2人の手出しが少なかったカップルは、親からの援助があった可能性が高いのです。

 

Q:親・親族から受けた援助の総額は?

 

これは『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』のアンケート結果ですが、結構な金額の援助を受けていますよね。

100〜200万円も援助があれば、2人の持ち出し金もがなかったというのも納得です。

 

僕たちも2人だけでは不安だから、援助をお願いしたいんですけど…

親にそんなこと頼むのはどうなんでしょう?

大谷
大谷

気になるところですよね?

実は、結構多くの新郎新婦が援助を受けているんですよ。

 

 

親・親族から援助を受けたカップルの割合

『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』では、親・親族から援助を受けたカップルの割合が発表されています。

 

Q:結婚式費用で親・親族から援助があった?

 

実は7割以上が、援助を受けていたんですね。

ですので、世間的に親から援助を受けるのは一般的なこととも言えます。

 

大谷
大谷

自分の子供の結婚式だから、少しでも援助をしてあげたいと思っている方もいますので、少し話題にしてみるといいですね。

そっか…お金のこと、両親にそれとなく聞いてみます。

 

結婚式の持ち出し費用の求め方

婚式の持ち出し費用は、親や親族から援助があるかどうかで、かなり金額は変わります。

というより、そもそも持ち出し費用はどれくらいかかるの?と、気になった方もいることでしょう。

 

大谷
大谷

そこで、ここからは2人の自己負担金額がどれくらいになるのかを、概算で求める方法をお話しします。

援助の件を、両親に相談するとしても、どれくらい必要なのかわからないと話が進まないと思いますので、しっかりと計算しておきましょう。

 

結婚式の費用の相場

まずは、結婚式にどれくらいのお金がかかるのか、チェックしないといけません。

そこで『ゼクシィ結婚トレンド調査』の結果によると、費用の平均は約357万円、ゲストの平均は約70人と発表されています。

 

大谷
大谷

その結果から、ゲスト1人に対して約5万円ほど、結婚式ではかかることがわかりますよね?

ということは、僕たちはゲスト80人だから…

だいたい400万円くらいということですね。

 

結婚式でお預かりするご祝儀の総額

結婚式の総額がある程度計算できたら、次はご祝儀の総額です。

ゼクシィの調査結果では、ご祝儀の総額平均は約232万円とされています。

 

大谷
大谷

ゲスト平均が約70人ですので、ご祝儀は1人あたり3.3万円ということです。

じゃあ、80人なら…

264万円がご祝儀の総額ということですね。

 

結婚式の総額、そしてご祝儀の総額がわかれば、あとは簡単です。

己負担=婚式総額-儀総額

 

ということで、もし仮にゲスト80人なら、持ち出し費用は136万円ということです。

ですが、これはあくまで仮の計算で、結婚式の総額もご祝儀の総額も、正確な金額ではないですので、信じすぎないようにしてください。

 

参考:結婚式の費用を新郎側が全額負担!?両家で違う費用負担の考え方

まとめ

回は結婚式で、持ち出し費用が実際どれくらいかかったのか紹介しました。

最終的に、2人が支払った金額が少ないのは、両親や親族から援助があったことが大きく、援助がなければまだまだ自己負担は増えます。

 

あまり計画せずに見切り発車して、あとで両親に相談しても、絶対に援助があるとは限りません。

予算関係の話は、結婚式場の見学前にしっかり話し合っておきましょう。

 

さて、結婚式は一生に一度の大イベント。

だからこそ、妥協せずにこだわって、豪華にしたい・ゲストを楽しませたいと思うのは当然です。

 

大谷
大谷

とはいえ、こだわりすぎると、当然見積もりはどんどん上がりますが、でも、こだわった豪華な結婚式をお得に挙げられたら最高ですよね?

ブライダルアドバイザーが、金額はお得になるのに、クオリティは高くなり、友達から「うらやましい」と思われる豪華な結婚式を叶える方法を公開中!

\詳しくはこちら/

クリックして詳細をチェックする

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
結婚式負担費用
フォローする
Baibley Wedding