結婚式費用の相場をゲスト100人で考える!

相場

分たちの結婚式で招待するゲストを数えてみたら、100人になってしまった!

結婚式場の見学前に、二人で計算したら思わぬ事態に。

 

こうなると、結婚式の金額がどこまで膨らんでしまうのか、とても気になってしまいます…

大谷
大谷

結婚式の費用は、ゲスト人数が多いほど金額も上がりますから、100人という大人数だと、少し不安になってしまいますよね。

 

そこで今回は、ゲスト人数100人での結婚式費用の相場を考えていきます。

まずは冷静に色々な情報を見て、今後の話をしていきましょう。

 

お得にはしたいけど、豪華な結婚式は諦めたくない!
質素な内容でゲストをガッカリさせたくない!

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画&7メールプログラムで
1週間限定の無料公開

ゲスト100人での結婚式費用の相場

は早速、結婚式で100人のゲストを招待した場合の、結婚式費用の相場ですが…

残念ながら、わかりません!

 

そんな…ますます不安になりました…

大谷
大谷

ですが、これは本当のことですので受け入れてください。

 

結婚式は、その結婚式場がそれぞれでアイテムの金額を決めています。

そして、会場も演出もサービスも、その全てが同じ商品ではないので、スーパーで玉ねぎや人参を買うのと訳が違います。

 

ですので、正直なところ、100人のゲストでどれくらいかかるの?と質問されても、バシッと答えられる金額はありません。

 

ただ、ある程度の金額ならわかります。

結婚式では、ゲスト1人に5万円かかりますので、100人の招待客なら、およそ相場は500万円といったところ。

 

大谷
大谷

この5万円という数字は適当ではなくて、これは『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』の結果から割り出した数字です。

ゼクシィのアンケート調査では、全国の結婚式平均金額は約357万円、ゲスト平均は約70人でしたので、ゲスト1人あたりでは約5万円ということになるのです。

 

なるほど。

じゃあ、100人なら500万円くらいだと考えておけばいいですね。

ですが、これはあくまで平均から試算した数字。

 

選んだ会場がホテルなのか?ゲストハウスなのか?だけでも、かなり金額は違いますので、参考程度に考えてください。

 

ゲスト100人でのご祝儀の総額

りあえず、結婚式の相場は見えましたが、ではゲスト100人でのご祝儀はどうなのか?

 

ご祝儀の総額ですか…ちょっと検討つかないですね。

大谷
大谷

あまりご祝儀に頼りすぎるのもよくないですが、予算を立てる上では避けられない話題ですので、考えていきましょう。

 

では、気になるゲスト100人でのご祝儀の総額ですが…

これも正直、わかりません!

 

少々飽きられた気もしますが、これは僕なりの理由があってこんな表現にしています。

その理由は、ご祝儀の計算に絶対はないということです。

 

親族がこれだけいたら〇〇万円、友人で〇〇万円…と、ゲストと2人の関係から試算する方法を紹介している記事もありますが、これはご祝儀に頼りすぎの典型的パターン。

 

2人が結婚式場の見学に行った際は、ウェディングプランナーからおそらくご祝儀の話をされると思います。

「この見積もり金額なら、ご祝儀が〇〇円なので、ほとんど手出しがありません」と。

 

大谷
大谷

ご祝儀は本当に想定できないものですので、これを鵜呑みにしてはいけないということです。

それをしっかり理解した上で、ご祝儀の総額を見ていきましょう。

 

『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』では、ご祝儀の平均総額は約232万円と発表されています。

ゲストは約70人ですので、ご祝儀1人あたり約3.3万円ということです。

 

ということは、100人のゲストなら約330万円がご祝儀の総額ということですね。

ただし、これは平均から割り出したものですので、増えもすれば減りもしますからご注意を。

 

ゲスト100人での結婚式費用の自己負担額

スト100人での結婚式費用の相場、そしてご祝儀の総額もわかりました。

そうなると、お二人の結婚式での自己負担も見えてきますね。

 

自己負担 = 結婚式総額 ー 祝儀総額

ですので、100人のゲストなら自己負担は約170万円ということです。

 

170万円か。

よかった、2人の貯金でどうにかなりそうです。

 

しかし、何度も言いますが、この数字を信じすぎるのはとても危険。

大谷
大谷

この手口で、「自己負担少ないですよ」と誘ってくるのがプランナーですので、あなたはその点をしっかり頭に入れておきましょう。

 

で、100人での結婚式費用の自己負担がわかったわけですが、実は結婚式をした全体の約4割のカップルは、自己負担50万円以下で済んでいるというアンケート結果があるんです。

 

Q:最終的に2人が支払った金額は?

 

これは、『みんなのウェディング白書2016』のアンケート結果ですが、20%弱のカップルが、一切お金を出さないで結婚式ができたと回答しています。

なぜこんなに少ない金額で済んだのかというと、それは親の援助を受けていたからなのです。

 

親の援助があるかどうかで大きく変わる

結婚式の費用を、2人だけで支払ったというのが普通かというと、実はそうでもないのです。

実は、約7割のカップルは、親や親族から金銭の援助を受けていて、その平均は180万円近くにも及んでいます。

 

それだけの援助があれば、自己負担もかなり少なくなりますよね?

このことから言えるのは、結婚式の費用については2人だけではなく、親に頼ることも一般的に悪いことではないということ。

 

もし、170万円の自己負担が厳しいようなら、まずは親に相談してみるのは一般的なことなのです。

 

参考:結婚式費用の相場を80人を例に解説!自己負担を減らす節約テクニックも公開

自己負担が少なく見える結婚式場の見積もり

ほど、100人を招待した結婚式では、自己負担がおよそ170万円であることをお話ししました。

あくまで仮の計算ですので絶対ではないのですが、2人で話し合いをするための材料にはなると思います。

 

ただ今後、結婚式場の見学に行く際、気をつけてほしいことがあります。

それは、提示される見積もりは、自己負担が70万円に見えるということです。

 

実は、ゼクシィの同調査では、”契約時と支払い時の見積もり金額の差”について、アンケート調査をしているのですが、このような結果になりました。

 

Q:見積もりが上がった金額は?

 

なんと、23.3%のカップルが、『100〜120万円未満』上がったと答えていました。

しかも、この上がった平均金額を計算すると、”102万円”だったのです。

 

簡単に言えば、もし100人招待した場合、最終的には170万円の自己負担でも、最初の見積もりは70万円程度で収まるように設定されているということ。

大谷
大谷

この点をしっかりと気をつけておかないと、支払う際にお金が足りないことになる可能性が出てきます。

 

ゲスト100人の結婚式は式以外の費用も気をつける

婚式の費用は、結婚式そのもののお金に注意が向きがちです。

ですが、結婚式以外にもお金が必要なことは知っていますか?

 

式以外ですか?

う〜ん…想像つかないです。

このお金は、ゲストが多いほど金額が大きい可能性がありますので、忘れてると非常に危険です。

 

そのお金とは、ゲストへの交通費・宿泊費。

これは多くのカップルが最初から見ていないことがあって、後々その費用を捻出するのに苦労するケースが後を絶ちません。

 

交通費や宿泊費は、基本的に新郎新婦が全額負担することが理想とされています。

そして今は、カップルの出身が離れていることが多いので、その費用も相当かかるケースが多くなりました。

 

仮にゲスト50人に1万円渡しても、50万円が結婚式以外に別に必要です。

この費用は、ウェディングプランナーから積極的に話をすることはないので、十分に気をつけてください。

 

結婚式のゲスト100人は平均より多い?

婚式に招待するゲストの人数には、特に上限はありませんので、2人が招きたいだけ招いて結構です。

私たちは100人の予定なんですけど、普通はどれくらいなんですか?

 

参考に『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』のアンケート結果を見てみましょう。

 

Q:結婚式で招待した人数は?

 

60〜90人を招待した方が多く、『100〜110人未満』は6.6%ですので、平均よりは多いようです。

 

招待するゲストが多い結婚式で注意すること

婚式にたくさんのゲストを招待するのは、楽しいですしとても良いことです。

ただ、少しだけ気をつけてほしいことがありまして、それは見積もりについて。

 

結婚式の見積もりには、ゲストの人数によって数量が変わるアイテムがあります。

数量が増えるということはその分金額も増えますので、少ない人数より多い人数の方が上がり幅も大きくなるのです。

 

そこで、ゲスト人数によって数量・金額が変わるアイテムを紹介します。

このアイテムについては、大幅な金額アップの可能性がありますので、十分注意しましょう。

 

料理・飲料

一番代表的アイテムは、間違いなく『料理』と『飲み物』でしょう。

ゲスト全員に必ず準備するものですので、金額アップする際は人数分で考えておかないといけません。

 

例えば、コース料理を1ランクあげて2,000円アップすれば、【100人×2,000円=20万円】です。

さらには、これにサービス料と消費税が加わりますので、その金額は相当なものだとイメージできますよね?

 

飲み物にもランクを設定している結婚式場は多いですから、必ずチェックしてください。

「1,000円UPだから」と軽く考えないようにしましょう。

 

引出物・引菓子

『引出物・引菓子』は全員ではありませんが、100人ならそれぞれ80個ほどは準備します。

それだけの数があれば、金額UPもかなりのものになるでしょう。

 

また引出物においては、金額UPだけではなく、品数を増やす場合もあります。

お世話になった方に向けて、1品追加するのはよくあることです。

 

下手すると、料理より金額が上がる可能性もありますので、気をつけておきましょう。

 

テーブルコーディネート

ゲストが多いということは、その分、セッティングするゲストテーブルも多いです。

テーブルが多くなると、必然的に数が増えるのが『テーブルコーディネート』。

 

コーディネートと聞いても、イメージがつかないでしょうから細かくすると、、

・装花
・テーブルクロス

 

この2点は、テーブルの数に合わせて増えます。

100人ならおよそ14卓ですので、その金額UPすればその数だけ増えると思ってください。

 

100人招待した結婚式を成功させるためのポイント

こからは、ゲストを100人招待して挙げる結婚式を成功に導くためのアドバイスです。

 

結婚式は、全てが同じ内容ではありません。

少ない人数で挙げる結婚式と、大人数で行う結婚式では、気をつけるポイントが全く違ってきます。

 

そこで、参列者が多い場合の結婚式で、”気をつける・意識するべき”ポイントを3つご紹介します。

式場選びや今後の打ち合わせでこの3点を意識すれば、かなり内容が充実したものとなるでしょう。

 

披露宴会場の広さは十分に確保する

多くの人間が集まる場所では、事故が起こる可能性も高まります。

 

イメージができないと思いますので、少し例をあげてみましょう。

ゲスト2人がぶつかって、赤ワインが衣装にかかった
ウェディングドレスの裾が、ゲストの椅子に引っかかって破れた

 

このようなトラブルは、人数が多いと起こりやすいです。

 

ただ、その多くは、披露宴会場の各テーブル間が狭かったことが原因のケースが多いです。

ですので、100人着席するテーブルレイアウトを見て、会場が狭くないかをチェックすることが、事故を減らすための最大の対策となります。

 

プログラムは詰め込みすぎずゆとりを持って

たくさんの人が集まって行うイベントでは、考えていた進行がなかなか時間通りにいきません。

これは感覚的なことではなく、ちゃんとした理由があります。

 

次の演出に進む際、ゲスト全員が着席するまでに時間がかかる
キャンドルサービスなど、ゲストと交流する演出では時間がかかる

 

多くのゲストが参列する結婚式では、この2つは避けようがありません。

 

そこでポイントになるのは、当日のプログラム(進行)。

演出が多すぎると、それを消化しなくてはいけないため、余裕がない披露宴になってしまう恐れがあります。

 

大谷
大谷

やりたい演出が多いとは思いますが、一つ一つを楽しめないともったいないですので、進行はゆとりを持って組むように心がけてください。

 

ゲストと関わる意識を強く持つ

披露宴の時間は限られています。

基本的には2時間30分〜3時間で行い、それはゲストが多い・少ないに関係なく同じ時間です。

 

ここでのポイントは、ゲスト1人との接触時間。

たくさん招待すればするだけ、1人にかけられる時間は少なくなり、さらには全く関われなかった方も出てくるかもしれません。

 

せっかく2人のために結婚式に来ているわけですから、ゲストとは極力全員と関わる機会を作りましょう。

その時間を作るために、「演出はどうか?プログラムはどうか?」と考えると良いと思います。

 

まとめ

回は、ゲスト100人での結婚式の場合、その相場やご祝儀、そして自己負担がどうなるかを解説しました。

 

しかし、これはあくまで想定の話。

何度も言いますが、結婚式の費用やご祝儀、自己負担は結婚式当日を迎えなければ、正確にはわかりませんので、余裕をみて予算を考えていきましょう。

 

さて、結婚式は一生に一度の大イベント。

だからこそ、妥協せずにこだわって、豪華にしたい・ゲストを楽しませたいと思うのは当然です。

 

大谷
大谷

とはいえ、こだわりすぎると、当然見積もりはどんどん上がりますが、でも、こだわった豪華な結婚式をお得に挙げられたら最高ですよね?

ブライダルアドバイザーが、金額はお得になるのに、クオリティは高くなり、友達から「うらやましい」と思われる豪華な結婚式を叶える方法を公開中!

\詳しくはこちら/

クリックして詳細をチェックする

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
相場結婚式費用
フォローする
Baibley Wedding