結婚式の持ち出し費用とは何?費用負担に関わる大切な話

結婚式

婚式について色々と調べていると、『持ち出し費用』という言葉がよく目に入ってきます。

持ち出し費用…何だか聞きなれない言葉ですよね?

 

ですが、持ち出し費用は結婚式においてとても大切なお金なのです。

 

ではその正体とは何なのか?

実は、持ち出し費用とは、結婚式でお二人が支払う金額のことをそう呼んでいます。

 

大谷
大谷

ウェディング業界では普通に使われてるので、式場見学で見積もりの説明を受ける際に、ウェディングプランナーからその言葉を聞くはずです。

 

結婚式に関わる費用を、誰がどう負担するのか。

これは2人と両家にとってとても大切なですので、結婚式をすると決めたらまず最初に話し合うことは費用についてです。

 

そこで、結婚式を決めたあなたに、式場見学に行く前にしっかりと話し合ってもらうため、持ち出し費用に関して解説していきます。

ほっておくと、両家で言い合いになって、終いには対立してどうしようもなくなったカップルもしますので、十分注意しましょう。

 

お得にはしたいけど、豪華な結婚式は諦めたくない!
質素な内容でゲストをガッカリさせたくない!

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画&7メールプログラムで
1週間限定の無料公開

結婚式の持ち出し費用はどれくらい?

婚式では、その全ての費用が2人の持ち出し費用というわけではないですよね?

2人が招待するゲストから、ありがたいことにご祝儀をいただけるわけです。

 

大谷
大谷

そのおかげで、持ち出し費用はかなり少なく済むので、ゲストには本当に感謝しなくてはいけません。

では、実際にどれくらいの持ち出し費用だったのかを、『みんなのウェディング白書2016』のアンケート結果から見てみましょう。

 

Q:最終的に2人が支払った額は?

一番多かったのは、『50万円未満』と答えたカップルで、約4組中1組くらい。

そして驚くことに、『持ち出し費用は一切なかった』方も結構いまして、16%ですからかなりのもの。

 

でも…何だか持ち出し費用が少ないように感じますよね?

ゲストからご祝儀をいただいたからといって、自己負担が50万円以下、ましてや一切なくなるなんてあり得るんですかね?

 

そこで、結婚式にはどれくらいお金がかかり、そしてご祝儀はどれくらいだったのかを、アンケート結果から見てみましょう。

 

結婚式費用をご祝儀の関係

まず、結婚式には費用がどれくらいかかるのかを考えていきます。

 

Q:結婚式費用の総額はどれくらい?

これは『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』のアンケート結果で、結婚式費用の全国平均は約357万円でした。

 

そして、次にご祝儀の総額です。

Q:ご祝儀の総額はいくら?

ご祝儀の全国平均は約232万円という結果でした。

 

そうすると、持ち出し費用は357万円ー232万円ですので…

持ち出し費用は125万円となりました。

 

あれ?かなり多いように感じますよね?

約4割のカップルが、50万円以下の持ち出し費用だったのに、そんな金額のはずありません。

 

親の援助を受けているのは約7割

実は多くのカップルは、2人の貯金とご祝儀だけで結婚式のお金を準備したわけではないのです。

なんと7割以上の新郎新婦が、親や親族から援助を受けていたのです。

 

Q:挙式、披露宴・披露パーティの費用としての親・親族からの援助は?

これは『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』のアンケート結果はこのようになりました。

では、どれくらいの費用の援助をいただいているのか、その結果がこちらです。

 

Q:挙式、披露宴・披露パーティの費用としての親・親族からの援助総額は?

一番多いのは『100〜200万円未満』ですので、かなりの金額の援助があったということですね。

 

ですが、他のカップルの親がどれだけ出したか知ったところで、関係ないことですよね?

 

大谷
大谷

僕が言いたかったのは、「絶対に自分たちだけでお金を準備しなければならない」と考える必要はない!ということです。

 

世の中のカップルは、親や親族から援助を受けています。

そして、「子供のために」と援助をしたいと考えている親もいるはずです。

 

もし、2人の貯金だけでは不安なら、まずは親にそのことを話して、援助をお願いするのも悪いことではありません。

 

結婚式の費用負担の計算方法

婚式に関わる費用を誰がどう負担するのか、それは一番最初に話す重要なこと。

ですが、何をどう計算すればいいのか、全然わからない方は非常に多いはずです。

大谷
大谷

そこで、結婚式の総額といただくご祝儀の計算について解説しますので、話し合いの材料にしてください。

 

結婚式費用の総額

では、まずは結婚式の総額の計算についてです。

 

先ほど結婚式の平均費用は357万円とお伝えしましたが、同じ調査でゲストの平均もわかっています。

ゲスト平均は70人ということですので、そうするとゲスト1人あたりに約5万円。

 

ですので、総額の目安としては招待客×5万円で計算をしていきましょう

例えばゲスト100人を招待予定なら、500万円が結婚式の総額予想ということです。

 

ただし、この数字が絶対というわけではありません。

結婚式の費用は、選ぶ結婚式場や披露宴の内容でかなり違いますので、その点は十分気をつけることです。

 

ご祝儀の総額

では、続いてご祝儀の総額を計算していきましょう。

 

ご祝儀はお二人とゲストの関係によって、その金額は異なりますよね?

ですが、これはあくまで相場ですので、友人が2万円だったり、親戚から10万円と人によって全然違うのです。

 

ですので、ご祝儀は1人3.3万円で計算しましょう。

 

これは『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』のご祝儀とゲストの平均から計算した金額です。

ゲスト100人なら、ご祝儀は330万円が予想される総額ということ。

 

結婚式とご祝儀の総額の2つがわかれば、残りの費用をどう負担するのか、話し合うことができるはずです。

お金の話は後回しにせず、キチンを時間を取って話し合いましょう。

 

参考:結婚式の費用を新郎側が全額負担!?両家で違う費用負担の考え方

費用を抑えるには結婚式場との契約前が重要

婚式の費用について話し合いが終わり、予算の上限も決まれば、結婚式場探しの始まりです。

大谷
大谷

ですが、ブライダルフェアや式場見学でもらった見積もり金額が、予算ギリギリということもあり得ることでしょう。

 

そうゆう時に重要なのは、見積もりが予算を下回ったからといって、そのまますぐに契約しないということ。

実は、結婚式は契約後に金額が徐々に上がることが普通で、その金額差はなんと平均して100万円を超えているんです。

 

ギリギリなら諦めろ!ということではありません。

結婚式場との契約前なら、その見積もりを下げる方法が色々あるので、まずは自宅に帰ってお得にする方法を調べてましょう。

 

例えば、季節やお日柄の変更をするのも効果的ですし、会費制結婚式というのも1つの方法。

契約してしまうと限られた節約しかできませんので、式場への申し込み前に色々と調べることが重要なのです。

 

さて、結婚式は一生に一度の大イベント。

だからこそ、妥協せずにこだわって、豪華にしたい・ゲストを楽しませたいと思うのは当然です。

 

大谷
大谷

とはいえ、こだわりすぎると、当然見積もりはどんどん上がりますが、でも、こだわった豪華な結婚式をお得に挙げられたら最高ですよね?

ブライダルアドバイザーが、金額はお得になるのに、クオリティは高くなり、友達から「うらやましい」と思われる豪華な結婚式を叶える方法を公開中!

\詳しくはこちら/

クリックして詳細をチェックする

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
結婚式負担費用
フォローする
Baibley Wedding