結婚式のプレゼントキャンペーンとは?応募するとどうなる?

節約

最近、『結婚式のプレゼントキャンペーン』というものをよく見かけませんか?

広告やWebサイトを使って、色々なところでプレゼントキャンペーンは掲載されているので、結婚式をお考えの方なら「応募してみようかな?」と、一度は考えたことがあるかもしれません。

 

SNSでその広告が出てきたんで、ちょっと応募してみようかなと思ってます。

だって無料ですもんね!

そうですよね、プレゼントと聞けば誰だってタダになると思いますよね?

 

そこで今回は、結婚式のプレゼントキャンペーンの実際と応募について、元ウェディングプランナーが徹底的に解説していきます。

もし、悩まれている方がいれば、最後までしっかりと読まれてください。

 

金額はお得になるのに
クオリティは高くなる!?

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画プログラムで公開中

結婚式のプレゼントキャンペーンは応募しても無料にはならない

結婚式のプレゼントキャンペーンと聞いて、応募して当選したら無料になると勘違いしている方が多いでしょう。

プレゼントでお金を払うなんて、聞いたことないですもんね。

 

大谷
大谷

夢を壊すようで気が引けますが、実は結婚式のプレゼントキャンペーンは、完全に無料ということではないんです。

え!?本当ですか?

少し信じられないんですけど…

 

あれだけ堂々と『結婚式をプレゼント』と宣伝しているわけですから、なかなか信じられないのも無理はありません。

ですが、キャンペーンの仕組みがわかれば、「無料じゃないな…」とわかってもらえるはずです。

 

プレゼントキャンペーンの詳細

まずは、結婚式のプレゼントキャンペーンの詳細をお話しいていきます。

 

このキャンペーンは、今では全国の式場が行なっているのですが、大体のキャンペーンには共通するものがあります。

それは、プレゼントされる内容が、『挙式』に関わることだということです。

 

挙式とは、チャペルで行うキリスト教式や、神殿で白無垢・袴を着て行う神前式などを指します。

そして、気になる具体的なプレゼント内容ですが、このようなものが含まれています。

 

  • 挙式一式
  • ドレス・タキシード 1着
  • 新郎新婦気付
  • 控室 etc…

 

挙式料金とカップルの衣装、2人の着付けと控室が入っているので、挙式だけならできるプランになっているように見えます。

最初から挙式だけを考えていた方なら、このキャンペーンは嬉しい話ですよね?

 

私たちは挙式だけでよかったんで、やっぱり応募してみようかな。

今そう思われた方は、少しお待ちください。

 

このプレゼントキャンペーンには、実は応募条件があるのです。

 

プレゼントキャンペーンの応募条件

このプレゼントキャンペーンは、全てのカップルが応募できると言うわけではありません。

応募するためには、いくつか条件があるのです。

 

その条件とは、『挙式だけではなく、必ず披露宴も行うカップル』ということ。

大谷
大谷

ですので、挙式だけで済ませようと思う方は、このキャンペーンには応募できないのです。

 

プレゼントされる内容には、披露宴に関する項目が入っていませんでしたよね?

ですので、このキャンペーンでは完全に無料ということはできないのです。

 

でも、家族だけとか、親族だけで披露宴するならお金も少なく済みますよね?

確かに、食事会という小さく披露宴をする方法も、最近はとても人気で出費も少なく済みます。

 

ですが、その場合もこのキャンペーンには応募できないのです。

なぜなら、『披露宴のゲストは○人以上』と指定されているから。

 

10人という少ない人数ではなく、50人以上という、一般的に行われている披露宴くらいは招待しないといけないのです。

 

披露宴をすると、ゲストからご祝儀をいただきます。

そのおもてなしとして、料理やドリンク、装花やテーブルコーディネートと、様々なアイテムが必要になってきます。

 

こうなると、数百万円のお金がかかりますので、無料どころの話ではありません。

 

結婚式のプレゼントキャンペーンは詐欺ではないのか

ここまでの話で、結婚式のプレゼントキャンペーンに応募しても、無料にはならないことがわかったと思います。

でも、なんでこんな紛らわしいことするんですか?

少し詐欺っぽい感じもします。

 

おそらく、多くのカップルが『プレゼント』という言葉を見て、無料だ!とイメージしたはずです。

そして、そのキャンペーンに応募して、式場で見積もりを見たときに、とてもびっくりした方も多いでしょう。

 

ですが、広告ではあくまで『プレゼント』と言っているだけで、『無料』とはどこにも書いていません。

”プレゼント=無料”だと思ったのは応募者の勘違いですので、詐欺ではないということ。

 

大谷
大谷

これは、思いとどまっているカップルを、式場まで来させるための手段なのです。

 

結婚式のプレゼントキャンペーンは当選するとお得?

結婚式のプレゼントキャンペーンは、無料ではないと知って、ガッカリした方も多いでしょう。

ですが、「挙式に関係するところがお金かからないなら、随分と安いんじゃない?」と、前向きに考えている方もいるはずです。

 

挙式料と衣装代と…

それだけでも数十万円しますもんね。

 

残念ですが、特別お得か?というと、答えは『No』。

結婚式場に見学に行けば、普段からよく行われている程度の割引です。

 

結婚式場に足を運ぶきっかけにはなりますが、価格を抑えることを目的に応募しても、ほとんど意味はありません。

 

もし、結婚式の費用をお得にしたい!と考えているなら、元プランナーが公開している「3Step動画プログラム」をご覧ください。

友達にうらやましいと思われるほど、豪華でお得な結婚式を叶えるテクニックを無料でお話ししています。

クリックして動画を見る

 

結婚式のプレゼントキャンペーンに応募した場合の当選確率

これから結婚式場を探そうかと考えていた方は、キャンペーンに応募してみても良いかもしれません。

大谷
大谷

せっかくの機会ですし、当選しても契約しなければ何もお金はかかりませんから、きっかけの1つとして良いと思います。

 

そして、おそらく応募したら、ほぼ間違いなく当選するはずです。

理由は簡単で、応募してくれているのにわざわざ落選にしても、何のメリットもないから。

 

お話しした通り、この程度の割引は普段から行なっていることなので、結婚式場としては特に痛い思いはしません。

結婚式場の見学にいく理由として、キャンペーンを使うのも良いことでしょう。

 

結婚式場へ見学に行く際の注意

結婚式のプレゼントキャンペーンに当選したら、式場に行き色々と案内を受けます。

会場の見学や相談会を終え、見積もりまで確認したら、最後は必ずウェディングプランナーから申し込みの提案です。

 

無料ではないので、最初はそのまま帰ろうと思うのですが、式場見学で気持ちが高まっている中、お得に思えるような説明をされると、契約をしてしまう新郎新婦は結構います。

 

ですが、その場での契約だけは絶対にやめてください。

大谷
大谷

試食もしてなくて、お互いの両親にも話していない、そしてそれが1件目の結婚式場ならなおさらです。

 

結婚式場では、最初の雰囲気は良く見えても、いざ契約して打ち合わせを進めると、あれはダメこれはダメの連続や、見積もりもだんだんと上がっていく内容で組まれていることが多い。

契約内容の確認や見積もりチェックと、その場で終えることは無理です。

 

申し込みを迫られても、自宅で色々と内容を確認するために、必ずお断りするようにしてください。

 

結婚式の費用の相場と自己負担の金額

ここからは、結婚式の費用の相場や、2人の自己負担について解説をしていきます。

 

結婚式をするためには、お金に関する話は避けて通れません。

ですが、具体的に話をするにも、何も情報がなければどのように話をしたら良いのかわからないと思います。

 

そういえば、結婚式ってどれくらいお金がかかるんですかね…

これまで、結婚式を挙げたことがなければ、そんな疑問も当然です。

 

そこで、結婚式の相場の求め方や、ご祝儀の総額の計算、そして2人が用意しないといけない自己負担のお金について考えていきましょう。

 

結婚式の相場の求め方

まずは、結婚式にどれだけお金がかかるのか、それがわからないとどうしようもありませんよね。

でも、結婚式って内容で全然金額違うんじゃないですか?

 

そうなんです。

料理コースや衣装の点数と、カップルそれぞれで内容が全く違うので、金額は同じにはなりません。

 

あくまで概算で求める方法ですので、話し合いの参考にするために使ってください。

『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』で、結婚式の総額と人数の平均が発表されていまして、その結果がこちらです。

 

均費用:357.5万円
平均人数:69.4人

 

この結果から、結婚式ではゲスト1人に対して、約5.2万円かかることがわかりました。

例えば、招待客90人なら【5.2万円×90人=468万円】ということです。

 

大谷
大谷

2人が招待する予定のゲストの人数を数えて、そこから結婚式の概算費用を計算してみましょう。

 

ご祝儀の総額について

続いては、ご祝儀の総額を求めていきましょう。

ご祝儀も同様にあくまで想定なので、あまり信じすぎないように気をつけましょう。

 

こちらもゼクシィの同調査から、ご祝儀の総額の平均を見てみます。

平均祝儀総額:232.8万円

 

ゲストの平均が69.4人ですので、ご祝儀は1人あたり約3.3万円です。

もし90人を招待した結婚式なら、【3.3万円×90人=297万円】が概算のご祝儀の総額ということ。

 

ご祝儀は、親族とか友人に分けてそれぞれ求めるって聞いたことがあるんですけど…

確かに、その方法で求める方がより正確に思いますし、そして総額もかなり増えます。

 

ですが実際のご祝儀は、相場より少ないことの方が多いです。

友人も相場では3万円ですが、夫婦で参列する場合は5万円、また1人でも2万円や1万円というケースもあります。

 

なので、平均のご祝儀から総額を求めた方が、より現実に近いのです。

 

予想される自己負担の金額

結婚式の総額と、ご祝儀の概算が計算できれば、2人が支払うお金の総額も見えてきます。

自己負担=費用総額-祝儀総額

 

もし仮に、ゲストが90人なら【468万円-297万円=171万円】が、自己負担の金額ということになります。

大谷
大谷

お話しした通り全て概算ですので、その点は忘れないようにしてください。

 

ただ、仮の計算ではありますが、90人では2人で171万円も用意しないと結婚式はできないわけです。

その負担、少しでも減らせれば、結婚指輪や新婚旅行にお金を回せると思いませんか?

 

そこで元プランナーの私が、結婚式をお得にするテクニックを「3Step動画プログラム」で公開しています。

期間限定で無料ですので、この機会にぜひご覧ください。

クリックして無料動画を受け取る

 

結婚式の費用で両親から援助を受けた割合

結婚式の費用は、全てカップル2人だけで準備するものかというと、そんなことはありません。

でも、僕たち以外に誰が出してくれるんですか?

 

それは、両親や親族のみなさんです。

実は世の中のカップルの多くは、両親や親族に援助を受けて結婚式を挙げているのです。

 

Q:結婚式で親・親族から援助を受けた?

 

なんと70%以上の方は援助を受けていたことが、ゼクシィの同調査でわかりました。

もし2人の貯金では結婚式に不安があるなら、両親に相談しても特におかしな話ではないということです。

 

親・親族から受けた援助の総額

そして、もし両親が援助してくれるという話なら、金額も一緒に確認しておきましょう。

参考にですが、どれくらいの金額の援助をされていたのか、ゼクシィのアンケート調査結果を掲載します。

 

Q:結婚式で親・親族から受けた援助の総額は?

 

結構、援助の金額って大きいんですね。

金額もきちんと聞いておかないと、結婚式の予算を決めるのも難しいと思いますので、聞きにくいことかもしれませんが、しっかり確認しておきましょう。

 

結婚式の費用をお得にする節約術

結婚式の費用や自己負担の金額がだいたい掴めたところで、次はその費用を少しでも抑えるための方法をご紹介していきます。

結婚式はその金額が大きい分、それだけ節約した時の金額も大きくなります。

 

大谷
大谷

今後の新生活への準備や結婚指輪の購入と、結婚式以外にもお金が必要ですので、節約はしっかり考えていきましょう。

今回は、節約の方法を3つご紹介しますので、検討してみてください。

 

仏滅に結婚式を挙げる

結婚式は、基本的に年中どこでも挙げることができます。

ですが、全てのタイミングで金額が同じわけではないのです。

 

じゃあ、価格が安くなる時があるってことですか?

実はお得なプランがある日がありまして、それは『仏滅』の日です。

 

仏滅は、六輝(ろっき)と呼ばれるその日のお日柄を表す言葉の一つ。

この日は結婚式には良くない日とされていて、昔から避けられているのです。

 

Q:結婚式を挙げた日取りは?

 

この不人気は今でも続いていて、このおかげで仏滅の日の契約が少ないのです。

ですので、それを補うために特別な価格を設定して、出来るだけ申し込みを増やそうとしています。

 

もし、両親や親族のみなさんが、特に六輝を気にしないということなら、日程を仏滅にすることを検討してみましょう。

 

司会者・カメラマンを知人にお願いする

結婚式は、多くのスタッフが協力し関わって作り上げます。

そのほとんどは、プロの技術がないと難しいものばかりですが、絶対にプロじゃなければダメ!というわけではない役割もあります。

 

それは、司会者とカメラマンです。

2人ともプロの方が質は高いですが、絶対にプロじゃないとできないものでもありません。

 

結婚式場に司会をお願いすると10万円弱、当日のスナップをお願いすれば10万円はするでしょう。

大谷
大谷

ですが知人にお願いすれば、謝礼でいくらか包んでも、十数万円することはありません。

 

司会は素人がすることで、逆にアットホームで良い雰囲気になる効果もあります。

格式高い結婚式を望んでいない場合は、前向きに検討してみてください。

 

アットホームな結婚式にする

アットホームな結婚式というと、あまり具体的ではないので、かなりわかりにくいですよね。

手作り満載の結婚式ってことですか?

 

確かに、招待状や席次表、演出で使う映像を2人で自作すれば、かなりの節約になります。

それも1つのアットホームさですが、紹介するのはそれではありません。

 

挙式を人前式に

挙式には、4つのスタイルがあります。

そのうち3つには、専用の設備やスタッフが必要になりますが、1つだけ特に必要ないスタイルがあります。

 

それは『人前式(じんぜんしき)』と呼ばれていて、この形式だけ唯一、由来する宗教がありません。

必要なのは、結婚する2人とゲスト、司会者が1人いれば成り立ちます。

 

大谷
大谷

進行の流れは特に決まっておらず2人が決めて良くて、特別な設備もいらないので会場は披露宴会場でも良いのです。

人前式は、人件費と会場費が節約でき、アットホームな挙式が楽しめるスタイルということです。

 

披露宴は会費制に

挙式だけではなく、披露宴にもアットホームにできるスタイルがあります。

それは『会費制』と呼ばれていて、東北地方、特に北海道ではかなり一般的な方法です。

 

会費制の大きな特徴は、コース料理ではないこと。

基本的には立食ブッフェで行いますので、その分料理代が少ないのです。

 

また、ゲストへの記念品を用意しないのも、節約の大きなポイント。

結婚式の見積もりの中で、金額の大きいアイテム2つを抑えられるので、かなりの節約ができるのです。

 

でも、ゲストにはご祝儀をいただくのに…

それだと非常識だと思われないですか?

それは『祝儀制』だからご祝儀をいただいているだけで、会費制はゲストから『会費』をいただいて開くので大丈夫です。

 

大谷
大谷

会費は2人が自由に設定でき、その金額は多くても2万円ですので、ゲストも出費が少なくて嬉しいという声もあります。

会費制は、披露宴の出費とゲストの出費、2つの側面でメリットがあるのです。

 

結婚式の費用以外で必ず必要なお金

結婚式を挙げるとき、多くの方は結婚式の費用だけを気にしますが、実はそれ以外にもお金は必要なのです。

このお金を考えていなかったために、結婚式の数日前に、お金を絞り出すことを考えないと行けなくなった方は非常に多いです。

 

そんなことがないように、結婚式の予算を決めるときに、必ずこれからお伝えするお金も、忘れずに項目にいれておきましょう。

 

交通・宿泊費

結婚式には多くのゲストが参列しますが、全員結婚式場の付近に住んでいるわけではありません。

新幹線や飛行機を使って移動しないと行けない場合、それなりにお金がかかりますし、もしかすると前日入りする可能性もあるでしょう。

 

その場合、全ての交通・宿泊費をゲストに負担させるのは、あまり良いことではありません。

基本的には、そのお金は2人が持つことが望ましいです。

 

ですが、絶対に全額出す必要もありません。

例えば、交通費だけゲストに負担してもらうという方法でも構わないのです。

 

もし、お互いの出身が離れているなら、遠方のゲストが多くなりますので、交通・宿泊費は多めに考えておかないといけません。

 

お礼・お車代

結婚式では、プランナーや司会者などのスタッフ以外でも、協力していただく方がいます。

それは、受付をしてくれる友人や、乾杯のご発声をいただく主賓と、多くの方が協力してくれています。

 

大谷
大谷

スタッフ以外のご協力者には、お礼やお車代をお渡しするのがマナーです。

渡さないと、礼儀知らずな印象を与えてしまいますので、くれぐれもご注意ください。

 

まとめ

今回は、結婚式のプレゼントキャンペーンについて解説しました。

キャンペーンは、応募しても無料にはならないこと、そして特別お得でもないので、式場に足を運ぶきっかけとして考えましょう。

 

ですが、あまり軽はずみに結婚式場と契約しないようにしてください。

多くのお金がかかる結婚式は、しっかりと両家で話し合いをして、慎重に進めていかないといけませんので気をつけましょう。

 

さて、結婚式は一生に一度の大イベント。

だからこそ、妥協せずにこだわって、豪華にしたい・ゲストを楽しませたいと思うのは当然です。

 

大谷
大谷

とはいえ、こだわりすぎると、当然見積もりはどんどん上がりますが、でも、こだわった豪華な結婚式をお得に挙げられたら最高ですよね?

ブライダルアドバイザーが、金額はお得になるのに、クオリティは高くなり、友達から「うらやましい」と思われる豪華な結婚式を叶える方法を公開中!

\詳しくはこちら/

クリックして詳細をチェックする

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
節約結婚式費用
フォローする
Baibley Wedding