結婚式を低予算で挙げるためには?ケチな結婚式と言わせないために

節約

れからの新生活に備えて、結婚式は低予算で抑えたい!

そう考える新郎新婦は、世の中にたくさんいます。

 

大谷
大谷

ですが、あまり費用を安くすることばかりだと、「ケチったな…」と、せっかく招待したゲストに悪い印象を与えてしまいます。

そこで今回は、低予算で結婚式をしても、ケチだと思われない方法とポイントを詳しく解説。

 

安くしたい!と考えている方には、必ず読んでいただきたい内容です。

 

お得にはしたいけど、豪華な結婚式は諦めたくない!
質素な内容でゲストをガッカリさせたくない!

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画&7メールプログラムで
1週間限定の無料公開

低予算でも「ケチだな…」と思わせない結婚式のために押さえる3つのアイテム

予算で結婚式を挙げても、普通のゲストなら「ケチだ」とは思わないものです。

ですが、一部のゲストはそのように感じている現実がありますので、対策はしておかなければなりません。

 

では、どんな対策があるのか。

それはいたってシンプルで、これから紹介する3つのアイテムをクリアするだけでも十分だと言えます。

 

これまでケチだと思われた新郎新婦は、この3つに配慮していなかったために、そう思われてしまっているのです。

 

ゲストの期待が大きい『料理』

結婚式に招待された多くのゲストが、一番期待しているのは何かと言えば、それは『料理』以外にありません。

婚礼料理に合わせて、昼食や夕食の調整までしているゲストが多いはずですので、それは当然のこと。

 

だからと言って、料金の高いコースを準備せよ!ということでもなく、量と質のバランスが十分満足いく内容かどうかで判断しなくてはなりません。

高いコースだからその2つを満たしている保証はありませんので、式場見学の試食と、コース選びの試食はどちらも必ず行なって、料理は決めるようにすること。

 

自宅で開封『引出物』

引出物は自宅で開封するので、冷静な分、よりシビアに見られています。

記念品とは言え、それなりに期待をして開封しますので、微妙だった場合は落差が大きい。

 

全てのゲストに高価な品を送る必要はありませんが、ご祝儀を多くいただくであろう方にはもう一品つけるなど、『送り分け』をすると良いです。

 

メニューは多めに『飲物』

結婚式では、飲み物にも期待されている方が多いです。

普段はあまり飲まない方でも、祝いの席だからとカクテル系を注文されることがありますが、ドリンクメニューが少ないと、せっかくのお祝い気分も下がってしまうそう。

 

ドリンクメニューにもコースがありますので、どんな内容なのか確認した上で決めなければなりません。

確認もせずに一番低いコースにして、ビールやお茶、オレンジ程度しか選べないなどがないようにしましょう。

 

結婚式を低予算で挙げるための具体的な方法

こからは、結婚式を低予算で挙げるための具体的な方法を解説していきます。

お伝えした3つのアイテムに注意しつつ、これから紹介するやり方を実践できれば、かなり低予算で結婚式を挙げることができます。

 

会費制結婚式

日本の結婚式は、ゲストからご祝儀をいただく『祝儀制』が一般的な方法とされていますが、もう1つ『会費制』という方法も存在します。

 

会費制結婚式の大きな特徴としては、ゲストがご祝儀ではなく、会費を持って結婚式に参加するということ。

会費は新郎新婦が決めることができ、大体1〜2万円の間で設定します。

 

ご祝儀とは違って、ゲスト皆一律の金額なので、誰から多くもらった、少なかったということも起こりません。

また、一律なのでいただく合計金額の計算がしやすく、予算が立てやすいのも魅力の1つ。

 

そして会費制は、いただく金額が少ないので、その分料理を立食形式にしたり、引出物を準備しなくても良いのが特徴の2つ目。

イメージとしては、結婚式というよりパーティに近い内容。

 

ゲストからいただく金額を少なくして、披露宴の内容を変えれば、低予算でもケチだとは思われません。

 

レストランウェディング

結婚式場には大きく4つの種類に分けられます。

それは『専門式場』と『ゲストハウス』、『ホテル』と『レストラン』の4つ。

 

その中で一番安いのは、レストランで挙げる結婚式。

『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』では、タイプごとの結婚式総額を調査していますが、一番平均が高いゲストハウスは433.8万円、レストランは平均287.8万円とかなりの開きがあります。

 

普段は飲食店としての営業ですので、料理の質には期待が持てる上、低予算ともなれば嬉しい限り。

ただし、専門の式場とは違い、控室や待合室もなく、会場の作りによっては新郎新婦が見えないこともありますので、会場選びは慎重にしなければなりません。

 

人気の低い季節・お日柄を選ぶ

会費制でもレストランでもなく、普通の結婚式がしたい!という方もいるはずですので、そうゆう方には、出来るだけ安いプランを提案してもらうように行動しましょう。

季節やお日柄で、新婦新婦の人気が比較的低いところを狙うと効果的。

 

結婚式では、一年間で申し込みが集中する季節やお日柄がありますが、その日はあまり安く設定されていません。

逆に申し込みが集中しない季節やお日柄では、格安で契約ができる可能性があるのです。

 

具体的に人気が集中しない季節やお日柄としては、『真夏・真冬』で『仏滅』。

この日は、多くの新郎新婦が避けますので、かなり安いプランで申し込みすることができます。

 

とはいえ、辛い時期にゲストを招待しますので、よくお二人で話し合ってどうするか決めましょう。

また、仏滅の結婚式には反対する方がいる場合もありますので、その点も注意しておくことが重要です。

 

★総額100万円以上お得にする方法を特別公開!

結婚式はできるかぎり安くしたい!

けど、ゲストにガッカリされるような質素な結婚式にはしたくない…

 

元ウェディングプランナーが、豪華な結婚式をお得に挙げる方法を、3つの動画と7つのメールで1週間の期間限定で無料公開します。

\動画とメールの受け取りはこちらから/

クリックして詳細を見る

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
節約結婚式費用
フォローする
Baibley Wedding