結婚式はいくらあればいいの?実際にかかった金額を参考に解説

相場

婚式にはお金がかかる…とはわかっているものの、一体どれくらいの費用がかかって、いくらあればできるの?と疑問に思う人も多いことでしょう。

 

そこで今回は結婚式の費用はいくらあればいいのか、徹底解説します。

大谷
大谷

わからないまま進めても、なかなか話がまとまらないはずですので、資金の疑問は今回で解消しましょう。

 

お得にはしたいけど、豪華な結婚式は諦めたくない!
質素な内容でゲストをガッカリさせたくない!

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画&7メールプログラムで
1週間限定の無料公開

結婚式の費用の計算

婚式の費用は、どんなお金でまかなわれているか知っていますか?

費用は全て、二人の自己負担というわけではありません。

 

では、どうやってまかなわれているかというと、

婚式費用 = 己負担金 + 祝儀 + や親族からの援助

このようになっています。

 

二人の負担以外のお金について、具体的に見ていきましょう。

 

結婚式の支払額

結婚式の費用は、サラリーマンの平均年収にも匹敵する金額なのですが、実際にはどれくらい支払いをしているのか。

『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』では、結婚式で支払った金額はいくらだったのかアンケートを取っています。

 

Q:挙式、披露宴・披露パーティ総額は?

 

一番多いのは『400〜450万円未満』ですが、お分かりのように、挙式・披露宴の内容やゲスト人数によって、金額はかなり変わります。

 

では、自分たちはどうなのか知りたい場合、概算費用はこの計算で出しましょう。

スト人数 × 5万円 = 婚式費用

 

これは『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』の、結婚式の平均金額(約350万円)とゲストの平均人数(約70人)を元にして割り出したもの。

あくまで概算ですが、式場見学前の話し合いでは十分参考になるでしょう。

 

ご祝儀の総額

実は結婚式費用の大半は、ご祝儀でまかなわれています。

招待するゲストからいただくのですが、一番難しいのはこのご祝儀の総額がいくらくらいになるのか。

 

なぜなら、ゲストと新郎新婦の関係や、個人の状況によってご祝儀の金額が違うから。

親族なら5万円、友人なら3万円と相場では言われていますが、必ず前後するものです。

 

とはいえ、ある程度わからないと困りますので、ご祝儀の総額はこの計算で出します。

祝儀総額 = スト人数 × 3.3万円

 

これもゼクシィの調査から割り出したものです。

親族や友人、会社関係とそれぞれの相場から計算するのは、実際にいただくご祝儀の総額と大きく差が出る場合がありますのでやめましょう。

 

親・親族の援助額

新郎新婦は、親・親族からの援助を受けていることが多く、その割合は実に約7割。

二人の貯金で結婚式の資金が足りなければ、まずは親や親族に援助のお願いをすると良いでしょう。

 

ただし、援助を受ける場合は、両家の費用の分担方法を話し合っておかないと、揉め事のきっかけになりかねませんので、要注意してください。

 

結婚式の費用で最終的に支払った自己負担額

祝儀や援助も合わせて、結婚式の費用をまかなうのですが、最終的に新郎新婦はいくら自己負担しているのか気になるところ。

そこで『みんなのウェディング白書2016』では、二人がいくら払ったのかアンケートを取っていますので見てみましょう。

 

Q:挙式・披露宴で最終的にふたりで支払った金額は?

 

驚くことに、自己負担が50万円未満までの新郎新婦が4割を超えていました。

援助やご祝儀でほとんどの費用がまかなわれて、少ない資金で済んだ新郎新婦が大勢いるということですので、自分たちはどうなのか話し合ってみましょう。

 

参考:結婚式費用の相場を80人を例に解説!自己負担を減らす節約テクニックも公開

結婚式の資金が足りない場合の方法

し合った結果、結婚式の費用が足りずに悩んでいる方もいるはず。

ですが、諦めずに方法を探しましょう。

 

ここでは、資金が足りない場合にどうやってまかなうか、その方法をご紹介。

 

毎月の定額貯金

結婚式はすぐにするわけではなく、準備期間があります。

その間に、二人で貯金をするのです。

 

足りない分の費用はどれくらいか計算して、毎月の貯金金額を決めます。

「貯金しよう」と漠然と思っていても、なかなか貯まりませんので、少し強制して貯めると良いです。

 

同棲をする

お互い一人暮らしで、まだ同棲をしていないなら、二人で生活を始めるのも有効な手段。

生活の出費は、家賃・光熱費がかなりの割合を占めていますので、同棲を始めればその分を貯金に回すことができます。

 

ただし同棲は、必ずお互いの両親に納得をいただいた上で始めましょう。

 

結婚式の費用を節約・抑える

二人が貯金をする以外でも対策はあります。

それは、結婚式の費用を節約・抑える方法です。

 

結婚式には、費用を抑える方法が色々とあり、うまくすれば100万円くらい抑えることも可能。

結婚式場に申し込みをしてしまったあとでは遅いので、早いうちに取り組んで、お得に結婚式を挙げるように心がけましょう。

 

さて、結婚式は一生に一度の大イベント。

だからこそ、妥協せずにこだわって、豪華にしたい・ゲストを楽しませたいと思うのは当然です。

 

大谷
大谷

とはいえ、こだわりすぎると、当然見積もりはどんどん上がりますが、でも、こだわった豪華な結婚式をお得に挙げられたら最高ですよね?

ブライダルアドバイザーが、金額はお得になるのに、クオリティは高くなり、友達から「うらやましい」と思われる豪華な結婚式を叶える方法を公開中!

\詳しくはこちら/

クリックして詳細をチェックする

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
相場結婚式費用
フォローする
Baibley Wedding