結婚式の人数と費用の関係!ゲストは多い方がいいって本当?

結婚式

婚式の費用について、こんな話を聞いたことはありませんか?

「招待するゲストが多い方が、自己負担が少なくなる」

 

最初に答えをお伝えしますが、自己負担が少なくなるのは事実です。

大谷
大谷

しかし、必ずと言うわけでもなく、場合によっては増えることだってあります。

 

そこで今回は結婚式のゲストと費用の関係について、詳しく解説しますので、結婚式の予算について考え中の新郎新婦は最後まで読みましょう。

 

お得にはしたいけど、豪華な結婚式は諦めたくない!
質素な内容でゲストをガッカリさせたくない!

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画&7メールプログラムで
1週間限定の無料公開

結婚式費用とゲスト人数、ご祝儀の平均

婚式は費用がとても高いと言いますが、では実際にどれくらいの費用がかかっているのでしょうか?

『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』では、結婚式にかかった費用にどれくらいかかったのかアンケートを取っています。

 

結婚式の平均金額 357.5万円

サラリーマンの平均年収が400万円程度ですが、それに匹敵する金額が結婚式にはかかっているのです。

 

同調査では、ゲストとご祝儀総額の平均もわかります。

ゲストの平均 69.4人
ご祝儀の平均総額 232.8万円

 

この3つの情報から、『結婚式でゲスト一人にかかる費用』と『一人のゲストからいただくご祝儀』はこのようになります。

ゲスト一人にかかる費用 5万円
ゲスト一人のご祝儀 3万円

 

結婚式の概算費用と自己負担の計算

ほどわかった『ゲスト一人当たりの費用』と『ゲスト一人からのご祝儀』を使うと、予算を組むために役立つ情報が手に入ります。

それは、結婚式の費用と自己負担額です。

 

結婚式で予定しているゲストの人数がわかれば、結婚式の概算費用とご祝儀の総額、自己負担額がわかるのです。

結婚式の概算費用 ゲスト人数×5万円
ご祝儀総額 ゲスト人数×3万円
自己負担額 (5-3)万円×ゲスト人数

 

では試しに自己負担額を計算してみましょう。

 

例えばゲスト80人で計算すると、その自己負担額は、(5-3)万円×80人=160万円

例えばゲスト100人で計算すると、自己負担額は、(5-3)万円×100人 =200万円

 

ということは、ゲスト人数が増えるとその分自己負担も増えるということ…?

 

ゲスト人数が多ければ自己負担は少ないこともある

れまでの話では、ゲストが増えれば結婚式費用が増え自己負担も増えるという結果。

ですが、実際はそうなりません。

 

これまでの計算は、ゲスト人数から結婚式費用とご祝儀、自己負担の概算を知るためのもので、

積もりの項目を細かくみると、ゲストが増えれば自己負担が少なくなる事がわかります。

 

ゲスト人数が増すと増える費用

結婚式の費用には、大きく分けて2つの内容があります。

それは、『ゲストが増えても関係ない内容』と『ゲストが増えると増える内容』。

 

前者は、ウェディングドレスやタキシード、挙式料や会場費など。

後者は、料理や引出物、テーブル装花や招待状など。

 

ゲスト人数が増えた時に自己負担額が減る場合というのは、『ゲストが増えると増える内容』を全て足した金額が、一人当たりの平均ご祝儀より下だった時。

例えば、一人にかかる金額(料理・引出物・引菓子etc)が2万5千円とすると、ご祝儀平均は3万円ですので、一人招待すればその差額分5千円を多くいただけるのです。

 

そうなれば、人数が増えるだけ自己負担がどんどん減り、最終的に自己負担ゼロもあり得るということ。

これが、ゲスト人数が増えるだけ自己負担が減る仕組みの正体。

 

自己負担が増えることもある

しかし、もし一人にかかる金額が3万5千円だった場合、ゲストが多くなればなるほど、一人につき5千円ずつ自己負担が増えていきます。

ですので、料理や引出物で良いものを準備する場合には注意しましょう。

 

それ以外にも、人数を増やすと自己負担が増える原因はあります。

それは、お車代や宿泊費がかかるゲストが多い場合。

 

もし多いなら、例え一人分の費用がご祝儀より下でも、お車代・宿泊費も一緒に増えますので、逆に自己負担も増えてしまいます。

 

ゲストが増えるだけ自己負担が少なくなる保証はないので、自分たちの結婚式ではどうなのか、見積もりをもらって考える必要があります。

 

ゲストを無理やり増やすと揉め事のきっかけになる

婚式の費用では、多くの新郎新婦が自己負担を少なくしたいと願っています。

そこでよくする手段として多いのは、「そこまで仲良くない友人を招待する」ということ。

 

残念ですが、いくら負担を減らしたいとしても、これだけはしないようにしてください。

招待された方は、「人数合わせかご祝儀目当てかな?」とすぐ気づきます。

 

結婚式で招待するゲストは、結婚式後も関わっていく大切な方々。

もし自己負担を減らしたいなら、会費制結婚式などを使って、うまく節約することを心がけましょう。

 

さて、結婚式は一生に一度の大イベント。

だからこそ、妥協せずにこだわって、豪華にしたい・ゲストを楽しませたいと思うのは当然です。

 

大谷
大谷

とはいえ、こだわりすぎると、当然見積もりはどんどん上がりますが、でも、こだわった豪華な結婚式をお得に挙げられたら最高ですよね?

ブライダルアドバイザーが、金額はお得になるのに、クオリティは高くなり、友達から「うらやましい」と思われる豪華な結婚式を叶える方法を公開中!

\詳しくはこちら/

クリックして詳細をチェックする

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
結婚式費用
フォローする
Baibley Wedding