結婚式を挙げる場所はどこにする?どんな決め方があるのか一挙に紹介

場所

婚式を挙げる場所は、式場の選び方では一番最初のステップ。

とはいえ、決めるのはそう簡単ではありません。

 

大谷
大谷

特に、新郎新婦の地元が離れている場合、どうやって決めたらいいか迷うものですよね。

そこで今回は結婚式を挙げる場所の決め方を、特徴も踏まえて解説します。

 

お得にはしたいけど、豪華な結婚式は諦めたくない!
質素な内容でゲストをガッカリさせたくない!

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画&7メールプログラムで
1週間限定の無料公開

結婚式を挙げる場所の候補地とそれぞれの特徴

婚式場を選ぶ上でとても重要な場所の問題。

もし、二人の実家が離れている場合は、4つの方法があります。

 

その4つの方法と特徴を、それぞれ解説していきます。

 

現在二人が住む地域

まず最初に候補に上がるのは、現在二人が住んでいる地域の結婚式場でしょう。

結婚式場の見学にも行きやすく、式場を決めた後も打ち合わせで足を運びやすいので、新郎新婦にはとても嬉しい。

 

また、会社関係の方を招待するなら、現在働いている場所が好まれるでしょう。

ただし、お互いの地元から離れているなら、両親や親族などのご年配の方への配慮が必要。

 

どちらかの地元

次に考えられるのは、どちらかの地元を選んで結婚式場を探す方法。

 

どちらかの地元に招待するゲストが多い場合は、ゲストが多い地域の式場にすることで、お車代や宿泊費の節約が見込めます。

また、ご年配で長距離移動が大変なゲストがどちらかの地元にいる場合にも、移動が少なくなるので喜ばれるでしょう。

 

ただし、新郎新婦の打ち合わせは少し大変。

また、どちらの地元にするかは、親への配慮もしなくてはならないです。

 

お互いの地元の中間地域

お互いの地元の中間地点で、結婚式場を探すのもアリ。

中間地域なら、移動は皆公平ですので、不満も少ないでしょう。

 

ただし、全てのゲストへお車代や宿泊費の対応が必要となり、出費がかさむ恐れも。

そして、結婚式場を選ぶ際は、土地勘が皆ありませんので、わかりやすくアクセスがしやすい式場を選ぶようにしなければなりません。

 

思い切って海外

どうせだったら、海外挙式という方法も選択肢の一つです。

 

付き合いもあるので会社関係のゲストを呼ぶけど、内心は呼びたくないという新郎新婦もいるでしょう。

海外挙式なら、『国内じゃないので家族・親族だけでやります』と、明確な理由にもなります。

 

新婚旅行としても、リゾート地を選ぶのはとても良い方法。

 

結婚式を2回行う選択もある

婚式を挙げる場所がなかなか選べない。

そんな新郎新婦は、結婚式を2回するということも検討しましょう。

 

お互いの地元で、その地元のゲストを招待して結婚式を行うのです。

両親や親族は移動が少なくすみますので、とても喜ばれます。

 

そして費用も、ドレスなどのアイテムは購入して持ち込み、会費制結婚式で行うなど対策をすれば、お車代や宿泊費の出費を考えると安くなる可能性も。

 

ただ、式場を2ヶ所選ばなければならず、打ち合わせ回数も増えますので、新郎新婦の二人の負担は増えます。

 

結婚式を挙げた地域を選んだ理由は?

れまで結婚式を挙げてきた新郎新婦は、どうやって場所を決めたのでしょうか?

『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』では、結婚式を挙げた地域を選んだ理由についてアンケートを取っています。

 

Q:披露宴・披露パーティを実施した地域を選んだ理由は?

 

場所を決める上では、結婚式場までのアクセスを重視して選んでいるという結果。

『二人の思い出の場所』も、選択肢としてあるようです。

 

今後の打ち合わせの対策は考えておこう

婚式を挙げる場所が、現在住んでいる場所から遠くなることも考えられます。

そこで気をつけていただきたいのは、当日までの打ち合わせの進め方。

 

基本的に打ち合わせは、新郎新婦が契約した結婚式場に行って進めていきますが、遠方になれば何度も行くことが難しくなるでしょう。

 

ですので、契約前にはプランナーに、できる限り会場に来る回数を減らす対策はないか確認しておきましょう。

今はクラウド上で、自宅でアイテムを選んだりできるサービスを取り入れている式場もありますので、そのような式場があれば大変助かるはず。

 

さて、結婚式は一生に一度の大イベント。

だからこそ、妥協せずにこだわって、豪華にしたい・ゲストを楽しませたいと思うのは当然です。

 

大谷
大谷

とはいえ、こだわりすぎると、当然見積もりはどんどん上がりますが、でも、こだわった豪華な結婚式をお得に挙げられたら最高ですよね?

ブライダルアドバイザーが、金額はお得になるのに、クオリティは高くなり、友達から「うらやましい」と思われる豪華な結婚式を叶える方法を公開中!

\詳しくはこちら/

クリックして詳細をチェックする

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
場所結婚式
フォローする
Baibley Wedding