結婚式の値引き交渉術を一挙紹介!交渉のタイミングは非常に大切!

節約

婚式の費用はとても大きな金額で、その平均は400万円近い。

少しでも節約したいと願うのは当然ですが、結婚式の値引き交渉術なんて存在するのでしょうか。

 

断言しましょう、あるんです。

回は、結婚式の値引き交渉術と交渉のタイミングを一挙に解説していきますので、お見逃しなく。

 

お得にはしたいけど、豪華な結婚式は諦めたくない!
質素な内容でゲストをガッカリさせたくない!

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画&7メールプログラムで
1週間限定の無料公開

結婚式の値引き交渉のタイミングは申し込み前

ずは、結婚式費用を値引き交渉するには、タイミングがもっとも大切です。

そのタイミングとは、式場の申し込み前(契約前)。

 

なぜそのタイミングが重要なのかと言えば、契約後では結婚式場は値引き交渉に一切応じないから。

 

新郎新婦は、申し込みの段階で5〜10万円程度の申込金を払っていて、キャンセルをお願いしてもその申込金は返ってきません。

となると、そのお金のもったいなさから、例え申し込み前とプランナーが話していた内容が違っても、新郎新婦はキャンセルをほとんどしない。

 

そのことを結婚式場はわかっているので、何か落ち度があっても、値引きなんてほとんどしません。

申し込み前と申し込み後では、式場と新郎新婦の立場が真逆。

 

唯一強気に交渉ができて、それも100万円近い金額の値引きは、申し込み前じゃないとできないのです。

契約前に集められる情報はしっかり集めて、納得いく内容で申し込みしましょう。

 

参考:結婚式費用の相場を80人を例に解説!自己負担を減らす節約テクニックも公開

結婚式の値引き交渉は他の式場の見積もりを持参しよう

婚式費用の値引き交渉術では欠かせないアイテムがあります。

それは、他の結婚式場の見積もり。

 

結婚式は、人生の一度の大きなイベントで、同じ人が2、3度行うことは少ないです。

ということは、新郎新婦がどこかの結婚式場で式をあげれば、他の式場はその新郎新婦からの売上を二度と手に入れられないということ。

 

そうなれば、ライバルの式場に渡したくない!少しの売上でいいから申し込みをもらいたい!と考えるのが普通ですよね?

そこで他の式場の見積もりを見せれば、申し込みをもらいたいウェディングプランナーは「私どもはこの見積もりより、〇万円お値引きしますよ?」と言わざるを得なくなる、ということなのです。

 

あまりに式場間の見積もりの差がありすぎる場合は、相手にされないこともありますが、数十万円程度の差なら十分に効果が見込める。

これが、他の式場の見積もりを見せる効果なのです。

 

第一希望の結婚式場は最後に見学

婚式場の見学は、どうしても一番気に入った式場から行きたくなるのですが、結婚式費用の値引き交渉術においてはご法度。

理由は明確で、そのまま申し込みしてしまう恐れがあるから。

 

結婚式場はなかなか見にいく機会がないので、一番最初にいく式場はとても印象が強いです。

そこに自分の好みの結婚式場が一番に来れば、楽しくなって勢いのまま申し込みという可能性が高まるもの。

 

自分たちはそんなことはない!と自信を持っていても、結婚式場のウェディングプランナーはこれまで何度も申し込みをもらってきたプロフェッショナル。

いろんな仕掛けやトークで、新郎新婦を魅了してきます。

 

最後に一番好みの結婚式場が控えていれば、プランナーから申し込みに流されそうになっても「まだあの式場を見てないから」と自制することができる。

そして、他の式場の見積もりも手に入れられるので、一番好みの式場の値引き交渉もスムーズです。

 

一番お気に入りに結婚式場は、必ず最後に見学する。

自分たちに自信があっても、人間は簡単に流されてしまうものです。

 

値引き交渉に欠かせない条件3選

のほかにも、結婚式費用の値引き交渉術は色々あります。

では、値引き交渉に使えるとても有効な条件を、3つご紹介します。

 

オフシーズンを選ぶ

結婚式には多くの新郎新婦が選んでしまう、人気の季節があります。

それは『秋』です。

 

秋は気候も穏やかで過ごしやすく、食欲の秋と呼ばれているほど、多くの食材が美味しくなる時期。

年間でこれほど結婚式に向いている季節はありません。

 

一方、結婚式に向かない季節はいつでしょうか?

それは真夏・真冬の季節。

 

この時期はウェディング業界で『オフシーズン』とも呼ばれているほど、結婚式の件数が激減。

結婚式場としては、何としてもこの時期に結婚式が欲しいと思っています。

 

これを値引きの材料としましょう。

大谷
大谷

人気のシーズンは値引き交渉しても、ほかで申し込みを貰えば…というプランナーの余裕もあるので、場合によっては交渉に応じないことがあります。

 

人気の季節を避けると、驚くほど値引きされることがありますよ。

 

人気のない日取り

季節以外でも、結婚式で好まれているものがありまして、それが日取りです。

大安、友引…という言葉を耳にしたことがあると思いますが、結婚式ではお日柄の良い日に結婚式をするという風習が今なお強い。

 

なので、大安や友引はどうしても結婚式が集中します。

逆に仏滅は、人気がなくなるということ。

 

あえて仏滅を選んでおけば、その日は式場も結婚式が少ないので、ゆとりを持った対応を受けることもできます。

 

ナイトウエディング

節や日取りで人気が集中することがあるなら、時間帯にも人気が当然あります。

それは日中で、朝から夕方までの時間。

 

これは、人気というより、夜の時間を選ばないようにしているため、日中に集中しています。

ですが、結婚式場が選んではダメ!と誘導している訳ではありません。

 

結婚式に選ばれない時を狙えば、交渉の材料になるのはもうお分かりでしょう。

『ナイトウェディング』は結婚式場も喜んで、値引きを受け入れてくれますよ。

 

さて、結婚式は一生に一度の大イベント。

だからこそ、妥協せずにこだわって、豪華にしたい・ゲストを楽しませたいと思うのは当然です。

 

大谷
大谷

とはいえ、こだわりすぎると、当然見積もりはどんどん上がりますが、でも、こだわった豪華な結婚式をお得に挙げられたら最高ですよね?

ブライダルアドバイザーが、金額はお得になるのに、クオリティは高くなり、友達から「うらやましい」と思われる豪華な結婚式を叶える方法を公開中!

\詳しくはこちら/

クリックして詳細をチェックする

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
節約結婚式費用
フォローする
Baibley Wedding