結婚式場の見学の注意はこれ!特典には惑わされないように!

結婚式

婚式場の見学は、とても楽しくワクワクします。

こんな素敵な会場でドレスを着て‥と想像するだけで嬉しいもの。

 

ですが、結婚式場の見学には、とても多くの罠が潜んでいます。

そこで今回は結婚式場の見学での注意や、成約特典について詳しく解説。

 

お得にはしたいけど、豪華な結婚式は諦めたくない!
質素な内容でゲストをガッカリさせたくない!

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画&7メールプログラムで
1週間限定の無料公開

結婚式場の見学とブライダルフェアの違い

婚式場の見学には、『ブライダルフェア』と呼ばれるものがあります。
これは、式場が独自で行なっているイベント。

 

普通の式場見学は、プランナーへの相談や会場見学を行いますが、ブライダルフェアでは模擬挙式や模擬披露宴、試食会やドレス試着会などが行われています。

新郎新婦は具体的な挙式・披露宴を見たり、実際に体験することで、より自分たちの結婚式のイメージをしやすい。

 

見学に行く日に、ブライダルフェアが行われていれば参加した方が良いですが、多くの方と一緒に行動するので、ゆっくり見たい・相談したい方は避けた方が良いです。

 

結婚式場の見学に潜む魅力的な罠

は、結婚式場の見学にはどんな罠が潜んでいるのか。

その魅力的な罠は、見学最後にプランナーから提示される見積もりの時に出てきます。

 

魅力的な罠とは一体何なのか、事前に知っておけば怖がることはありません。

 

お二人だけの特典

ウェディングプランナーは非常に多くの言葉で、式場への申し込みを誘ってきます。

その中でよく聞かれるのは、「〇〇様だけの特典ですよ」というフレーズ。

 

特典には色々あって、『乾杯時のスパークリングサービス』『ドレス1着サービス』など、聞けばすぐに申し込みします!となりそうな誘いばかり。

 

ですが、これはプランナーの常套手段。

残念ですが、いろんな新郎新婦に話している手です。

 

プランナーと共通の趣味があって、話が盛り上がり、趣味名のついた特典で申し込みを誘うなんてことも。

 

本日のご成約で〇〇万円お値引き

二人の見積もり内容の説明が終わったところで、プランナーからは「申し込みをお願いします」と言われます。

そんな数百万円もする申し込みを、この場でできるはずがないでしょ?と思うかもしれませんが、3割くらいの新郎新婦は、その場であっさり申し込み。

 

なぜなら、新郎新婦はプランナーから「今日申し込めば〇〇万円お値引きしますよ?」とお誘いを受けているから。

その日その場じゃないと受けられない特典なのです。

 

金額は式場によって異なりますが、数十万円単位ですので、かなり魅力的。

これは、全てのプランナーが必ずしているお誘いの特典です。

 

結婚式場の見学の注意4つ

婚式場の見学では、心揺さぶられる特典が色々出てきます。

これを逃せばもう特典は受けられないかも!と考えて申し込みすれば、もう後戻りはできません。

 

そこで、結婚式場に見学に行く際に、これだけは守ってほしい注意を4つに分けて教えますので、必ず守ること。

何度も言いますが、申し込みしてしまっては後戻りできませんよ。

 

その場で申し込みしないこと

簡単なことのようで一番難しいかもしれません。

 

プランナーは、これまで何度も新郎新婦に営業してきたプロ。

申し込みに誘導する魅力的な言葉を、非常に多く持っています。

 

「〇〇様とはとても楽しく当日まで打ち合わせできそうです」
「必ず良い式にしてみせます」

 

と、人間的にも良さそうに感じる言葉をかけられても、その場での申し込みがしないこと。

 

特典には惑わされないこと

に挙げた以外にも、多くの特典でプランナーは誘ってきます。

例えば、『両親衣装サービス』『会場費無料』と、挙げたらキリがありません。

 

もらえる特典はもらっておく方が良いですが、特典に惑わされて申し込みをするのは厳禁。

特典ではなく、式場の質やサービス、内容を優先して選ぶ心構えを。

 

自宅に帰って冷静に判断すること

結婚式場の見学に行くと、チャペルや会場、演出に気分が高まって、普通の判断ができない状況にあります。

そんな状況だからこそ、数百万円もする買い物をその場で決めてしまう新郎新婦がいるのです。

 

冷静になるためには、結婚式場から離れて、自宅でゆっくり2人で話す機会を設けること。

話しているうちに、「この見積もりの項目は何?」「控室って見たっけ?」と、気になることが出てきます。

 

そして、結婚式は親が参加するもの。

親族を一番知っている両親の意見も、結婚式場選びではとても重要なことです。

 

1件だけの見学で決めないこと

結婚式場の見学は、例え最初で気に入った会場に出会っても、絶対に1件では決めないようにしてください。

少なくとも3件の式場は回ること。

 

なぜなら、比較する材料を得るためです。

比較しないと、これが良い式場なのか、そうじゃないのか判断できません。

 

結婚式の準備に時間がかかるイメージがあるので、申し込みを早くしたい方がいるのですが、本格的な結婚式の打ち合わせは4ヶ月前から。

結婚式場選びに2ヶ月かけても、全然余裕はあります。

 

さて、結婚式は一生に一度の大イベント。

だからこそ、妥協せずにこだわって、豪華にしたい・ゲストを楽しませたいと思うのは当然です。

 

大谷
大谷

とはいえ、こだわりすぎると、当然見積もりはどんどん上がりますが、でも、こだわった豪華な結婚式をお得に挙げられたら最高ですよね?

ブライダルアドバイザーが、金額はお得になるのに、クオリティは高くなり、友達から「うらやましい」と思われる豪華な結婚式を叶える方法を公開中!

\詳しくはこちら/

クリックして詳細をチェックする

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
結婚式結婚式場見学
フォローする
Baibley Wedding