結婚式の費用は誰が払う?一般的な費用の分担方法を知る!

結婚式

ロポーズが決まって、結婚式をしようと考えたとき、結婚式の費用は誰が払うんだろう?って少し気になる方も多いはずです。

大谷
大谷

まぁ、周りからは「いきなりお金の話か…」ということで夢がないようにも思われますが、私はすごく冷静な判断で素晴らしいと考えています。

 

お金はどんな関係であっても、必ずトラブルを引き起こすきっかけになりますから、最初に片付けておく方が良いですもんね。

そこで今回は、結婚式の費用を誰がどれくらい支払うのか?を徹底して解説したいと思いますので、結婚式をすると決めた方は必読を。

 

お得にはしたいけど、豪華な結婚式は諦めたくない!
質素な内容でゲストをガッカリさせたくない!

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画&7メールプログラムで
1週間限定の無料公開

結婚式の費用は誰が払うのか?

婚式の費用は誰が払うものでしょうか?

大谷
大谷

その質問にビシッと答えられたら、元プランナーとして頼もしいと思われるでしょうが、残念ながら絶対にこれ!という明確な答えはありません。

 

少し考えてみてください。

男性が仕事をして女性は専業主婦という夫婦もいれば、共働きの場合もあり、女性が働き男性が専業主夫という夫婦もあります。

 

つまり言いたいのは、全てのカップルが同じ条件じゃないということ。

それなのに、結婚式の費用を払う人だけが決まっているのはおかしいことですよね?

 

結婚式を費用を払う人が誰なのか?は、カップルそれぞれの状況で違いますので、しっかりと話し合いが必要ということ。

 

そして、その話し合いをする前に、費用負担に関する色々な考え方を少し頭に入れていてほしいので、少し解説します。

 

地域の風習や家ごとの考え方

実は結婚式には、その地域に根付く風習というのが色々あるんです。

例えば、北海道は会費制の結婚式が一般的で、名古屋はド派手な結婚式を好み、饅頭・菓子撒きや一生水という儀式が行われる地域も。

 

そんな結婚式の風習は、見た目だけではなく、結婚式の費用負担についても影響しています。

そして、その地域で育ってきた方にしたら、その風習が普通なのです。

 

例えばどんな考えがあるのか、イメージが湧かないと思いますので、例としていくつか挙げます

「新郎側が6割、新婦側が4割払う」
「家と家の結びつきだから、親が出すのが当然」
「2人のことだから新郎新婦で払う」

 

こうゆう結婚式費用への考えが、必ずお互いの家ごとにありますし、そしてお二人の間でもその意見は違うはずです。

 

親・親族からの援助について

結婚式は昔と違って、今では二人のこととして考えられていますので、費用も二人が準備するもの。

大谷
大谷

と考えてしまいますが、費用については以外に二人だけが全て払っているわけでもありません。

 

ゼクシィが行なった『結婚トレンド調査2018』では、親・親族からの援助についてアンケートとっていますが、結果はご覧の通りです。

 

Q:親・親族からの援助は?

なんと7割のカップルが、親や親族から援助を受けているのです。

 

この結果から、「親にも出してもらいましょう」ということを伝えたいわけではありません。

経済的に援助が難しい方もいるはずですので、援助についてはしっかり話し合いが必要です。

 

お伝えしたいのは、やはり自分の子供ですので、援助してあげたい!と思う親もいるということ。

その気持ちを組んで、援助をありがたく受けるのも普通のことですから、無理に自分たちだけで払おうとしなくても良いのです。

 

参考:結婚式の費用を新郎側が全額負担!?両家で違う費用負担の考え方

結婚式の費用の分担方法

し合いの末に、結婚式の費用を誰が払うのかが決まったら、その費用をどう分担するか?についても話し合っていきましょう。

大谷
大谷

なぜ分担の話をしなくてはいけないかというと、結婚式の見積もりを詳しくみていくとわかります。

 

例えば、衣装という項目を見ると、女性のドレスや色打掛がとても高くて、男性の衣装はその半分くらい。

また、ゲストの人数がお互い全く違えば、料理や引出物でかなりの差が出てきます。

 

そうです、結婚式の見積もりは、お互いに関係するアイテムだけを見ると、全くバランスが取れていないのです。

なので、人によってはそのことに不公平さを感じて、関係がギクシャクしてしまうことも少なくありません。

 

大谷
大谷

ということで、結婚式の費用を分担するための3つの方法をご紹介しますので、費用分担についてもしっかりと話し合っていきましょう。

 

折半する

結婚式の費用を、両家で半分ずつ支払うという方法は、複雑な計算もなくもっとも簡単で手軽。

しかし、そうじゃなければ、どの項目が折半に向いているのか。

 

それは、新郎新婦のどちらにも関わりがある項目です。

例えば、結婚式の会場の費用はどちらにも関係することなので、折半に向いています。

会場費・控室料・挙式料・演出・写真関係・映像関係・司会者etc

 

分担する

分担は、新郎新婦それぞれに関係する項目が向いています。

衣装はその代表で、美容・着付やブーケ・ブートニアも良い例。

衣装代・美容代・着付代・両親への花束・ゲスト宿泊費・ゲスト車代etc

 

ゲスト人数割

これは、新郎新婦で招待した人数が大きく違う場合に有効です。

新郎は30人、新婦は60人だとすると、料理や引き出物もその分の違いがでるもの。

 

ゲストの人数に合わせて準備した内容は、ゲスト人数割が向いています。

料理・飲料・引出物・引菓子・招待状・席次表・装花(ゲスト卓)etc

 

どう分担するかは早めに話し合う

婚式の費用の分担は、後回しにして良いことはありません。

結婚式が近づいて話し合い、お互いに考えていたことが違った場合は、揉め事になりかねません。

 

一番良いのは、結納や顔合わせなどで両家が揃う場。

そこで話がまとまれば、その後の流れがスムーズです。

 

もし、その機会を逃しても、面倒とは思わずに必ず結婚式場を見学するまでに決めるようにしましょう。

 

さて、結婚式は一生に一度の大イベント。

だからこそ、妥協せずにこだわって、豪華にしたい・ゲストを楽しませたいと思うのは当然です。

 

大谷
大谷

とはいえ、こだわりすぎると、当然見積もりはどんどん上がりますが、でも、こだわった豪華な結婚式をお得に挙げられたら最高ですよね?

ブライダルアドバイザーが、金額はお得になるのに、クオリティは高くなり、友達から「うらやましい」と思われる豪華な結婚式を叶える方法を公開中!

\詳しくはこちら/

クリックして詳細をチェックする

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
結婚式負担費用
フォローする
Baibley Wedding