結婚式費用の節約は、式場の申し込み前に全てが決まる!見積もり確認は慎重に

節約

婚式には、多額なお金がかかります。

なんとかして節約できないか?と、考えてしまうものです。

この記事をご覧になっているあなたは、式場への申し込みはもうお済みでしょうか?

まだ申し込んでいないということでしたら、多くの節約方法があります。

回は、結婚式費用の節約方法について解説していきますので、式場見学前、申し込み前のお二人はご一読ください。

 

お得にはしたいけど、豪華な結婚式は諦めたくない!
質素な内容でゲストをガッカリさせたくない!

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画&7メールプログラムで
1週間限定の無料公開

申し込み後はあらゆる交渉ができない

に式場選びの注意点をお伝えしますが、一度式場に申し込みをしたあとは、交渉はできないと思ってください

値引き交渉は絶対に無理です。

もし値引きができても、それは式場で何か落ち度があった場合ですので、お二人にとって良いことではありません。

ですので、節約方法についても申し込み前に考えておかなければ、どうしようもなくなってしまいます。

 

式場の商品価格が高い理由

婚式場から提示された見積もりを見ると、項目全てが高い!という印象をもたれる方が多いと思います。

見慣れない内容なので、それぞれの相場がわからないということもありますが、式場で手配するものが高いのは間違いありません。

なぜなら、式場が手配するもののほとんどは式場のものではなく、外部の業者にお願いしているからです。

業者に手配すれば、その分費用を上乗せして請求しないと式場に利益が出ません。

その積み重ねで結婚式の費用が高額になっているのです。

 

参考:結婚式費用の相場を80人を例に解説!自己負担を減らす節約テクニックも公開

節約方法と注意

婚式場に手配をお願いすると外部の業者を使いますので、高額になるのは避けられません。

では、お二人が代わりに色々と手配するとどうでしょうか?

当然、式場が上乗せしていた金額が減ります。

大きな節約は、式場が上乗せしている金額を減らすことで生まれるのです。

 

会場・料理以外は可能

お二人が手配できる箇所はどこでしょうか。

率直に言うと、

会場と料理以外は全て出来ます。

どこまでを式場にお願いして、どこからをお二人が手配するのかを、式場の申し込み前に決めましょう。

申し込み後に決めようとすると、思うように行かない場合が多いです。

 

申し込み後は小さな節約しかできない

申し込みが終わったあとは、式場もあれこれと理由をつけて売り上げ確保をしようと考えます。

出来ても招待状や席札など、比較的小さいものしか節約出来ません。

5万円節約できれば良い方ではないでしょうか。

 

節約はお二人の負担が増える

同じ内容を安い金額で出来るに越したことはありませんので、結婚式の節約は悪いことではありません。

ですが、式場も高額な見積もりを出しているのには理由があります。

それは、お二人の結婚式準備の負担を減らすためです。

もし会場や料理、ドレスに司会と、全てお二人が準備するとしたらどうでしょうか?

とてもじゃないですが、結婚式をやろうとは思わないかもしれません。

式場は、出来るだけお二人の負担を少なくするようにしてくれています。

逆に言えば、節約するとはお二人の負担が増えることにも繋がっています。

どこまでなら対応できそうか、お二人でしっかり話をしておきましょう。

 

具体的な節約ポイント

場や料理以外はお二人が準備できますが、あれこれと考えていては混乱してしまいますので、具体的なポイントを解説していきます。

 

節約には向かないもの

全て節約していては、せっかく足を運んでいただいたゲストに微妙な印象を与えてしまいます。

お二人はゲストからご祝儀をいただくのですから、ゲストにはいただいた分のお返しはしてあげなければなりません。

そのお返しの中心となるものが3つあります。

 

料理

料理はお二人が準備できるものではありません。

ですので、式場に交渉して値引きを行うか、高くないコース料理をゲストに振る舞うなどが考えられます。

ですが、ゲストは料理の内容で結婚式の評価を決めると言っても過言ではありません。

料理で安く押さえようとするのは、お二人にとってあまり得策とは言えません。

 

装花

装花はお二人とゲストの席に飾られています。

ゲストは料理を召し上がるか、お二人が座る席を見ていることが多いですので、必ず装花が目に入ります。

料理と同じく、節約志向で考えすぎないようにしましょう。

 

引き出物

引き出物はゲストが持って帰り、使い続けるものです。

また、自宅で冷静な気持ちで見ますので、引き出物も節約志向は向いていません。

 

節約に向いているもの

ここからはお二人の節約(手配)に向いているものを3つピックアップします。

比較的大きな節約が望めるものばかりです。

 

衣装

衣装は式場でレンタルするものと思ってはいけません。

全国には数多くの衣装屋があり、レンタル・セミオーダー・フルオーダーで対応できます。

しかも、式場で20万円もかけて借りるより断然安く、10万円を切るウエディングドレスもありますので、式場レンタルではなくお二人で探すとかなりの節約が期待できます。

 

スナップ・ビデオ撮影

式場でカメラマンを手配すると、撮影するのに良いポイントを熟知しているので、良いこともあります。

ですが、式場が料金を上乗せしている分、かなり高額なことが多いです。

また、スナップは焼き増しなどの料金も高く、写真データだけもらうのも断られる場合があります。

ビデオは編集後のDVDをいただくことが前提です。

お二人で手配した方が料金もかなり安く、先に依頼しておけばデータをいただくこともできますので、オススメです。

 

映像制作

現在の結婚式ではオープニング・プロフィール・エンドロールと映像を流すことが多くなってきました。

式場では制作しませんので、外部の業者に依頼するわけですが、1本制作するのに5〜10万円はします。

また、仕上がりと金額が釣り合わない印象を受けることも多いです。

今は安くて良い動画制作ソフトも多いですので、プロフィール映像はお二人が作るとかなりの節約ができます。

 

持ち込み料を確認する

し、式場で準備できるものではなく、お二人で手配して持ち込みされるものがある場合は、持ち込み料というお金が発生します。

式場が持ち込みをさせないため、というのが大きな理由ですが、全ての持ち込み品にお金がかかります。

場合によっては持ち込む方が高くなる場合もあります。

この確認は、式場の申し込み前に必ず行なってください。

申し込み前なら、持ち込み料をサービスする可能性もありますので。

 

節約は進行に影響すると考えておくこと

婚式場は、関係者の連携がかなり重要です。

プランナーや司会、カメラマンやアテンダーと、多くのスタッフが関わります。

ここに、普段とは違うもの・人が入ると、結婚式の進行に影響が出ないとは言い切れません。

ドレスがうまく着れない、映像が流れない、と色々考えられます。

ですので、持ち込みは節約に繋がる分、その可能性も高まることは考えておきましょう。

 

会費制や1.5次会を検討する

約の方法として、もう一つご紹介します。

その方法会費制や1.5次会で結婚式を行うということです。

会費制は北海道では主流の方法ですが、ご祝儀ではなくゲスト一律の会費をいただいて行う結婚式で、1.5次会は料理を立食にするなど、パーティー形式に近い結婚式です。

会費制は引き出物を準備しない特徴もあるので、お二人の負担も軽くなります。

節約ということをお考えであれば、会費制や1.5次会も考慮してみましょう。

 

さて、結婚式は一生に一度の大イベント。

だからこそ、妥協せずにこだわって、豪華にしたい・ゲストを楽しませたいと思うのは当然です。

 

大谷
大谷

とはいえ、こだわりすぎると、当然見積もりはどんどん上がりますが、でも、こだわった豪華な結婚式をお得に挙げられたら最高ですよね?

ブライダルアドバイザーが、金額はお得になるのに、クオリティは高くなり、友達から「うらやましい」と思われる豪華な結婚式を叶える方法を公開中!

\詳しくはこちら/

クリックして詳細をチェックする

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
節約結婚式費用
フォローする
Baibley Wedding