結婚式をする季節はいつ頃がいい?時期によって大きく違うゲストの気持ち

時期

本には暑い時期もあれば寒い時期もあります。

毎年同じサイクルで季節は巡ってきますが、結婚式は選ぶ季節で違いがあるのでしょうか?

今回は結婚式と季節について解説していきます。

式場の申し込みは、日程が決まらなければできませんので、これから式場見学を考えているお二人は必ず読みましょう。

 

お得にはしたいけど、豪華な結婚式は諦めたくない!
質素な内容でゲストをガッカリさせたくない!

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画&7メールプログラムで
1週間限定の無料公開

結婚式に選ばれる季節

婚式は多くのゲストが集まって執り行われますので、皆が参加してもらいやすい時期を考慮して選ぶことが多いです。

代表的な時期をピックアップして解説します。

 

過ごしやすい季節を求める

心地いい天候の時は、散歩したくなりますよね。

結婚式の当日も、ゲストには心地いい気持ちで参加してもらいたいものです。

お二人としても、最高の気持ちで式場に向かいたいですので、過ごしやすい季節は多くの方に好まれます。

 

ジューンブライドは日本に合わない

結婚式の季節についてよく聞く言葉は、6月のジューンブライドです。

ヨーロッパで根付いているジューンブライドですが、6月に結婚した新婦は幸せになれるという言い伝えがあります。

また、ヨーロッパでは6月が乾季ということもあり、結婚式に選ぶには最高の時期なのですが、残念ながら日本では梅雨です。

海外挙式なら良いですが、日本で結婚式を予定するには、なかなか難しい季節です。

 

食欲の秋

年間では、秋がもっとも結婚式に好まれています。

過ごしやすい季節だということが一番の理由ですが、ゲストにとって重要な料理が美味しい時期でもあるということです。

秋は「食欲の秋」とも言われるほど、この時期の日本には美味しくなる食材が豊富です。

食材が美味しいと料理の質も高くなりますので、多くのストにとって秋は結婚式に最適な季節と言えます。

 

新生活の春

春も秋に次いで選ばれやすい季節です。

桜の咲く頃に結婚式を行うのは、雰囲気もあって良いかもしれませんが、春は新生活の始まりでもあります。

サラリーマンは部署異動や、新入社員の対応など、慌ただしい時期でもあります。

引っ越し業者も3月中旬から4月中旬までピークですので、ゲストによってはあまり好まれないかもしれません。

 

選んだ時期は?(アンケート結果)

すでに挙式を終えた先輩方は、どの時期を選んでいるのでしょうか?

『ゼクシィ結婚トレンド調査』では、挙式を行なった時期についてアンケートを取っています。

質問:挙式を実施した月は?

1位 10月 13.3%

2位 11月 11.0%

3位 5月 10.1%

4位 9月 9.8%

5位 4、6月 9.4%

7位 7月 8.0%

8位 3月 7.8%

9位 12月 6.8%

10位 2月 6.0%

11位 8月 4.6%

12位 1月 3.4%

 

1月は寒い時期であり、年明けのイベントが盛りだくさんなので、一番敬遠されているようです。

 

結婚式の服装は男女で様々

婚式では、ゲストの服装がかなり特殊です。

というのも、男性・女性で季節感が全く異なるので、季節によっては配慮しておかなければなりません。

 

男性の場合

男性はブラックスーツが列席のマナーです。

また、暑くても結婚式中にジャケットを脱ぐのは極力NGですので、暖かい気候では暑いと感じる方が多いです。

多少涼しいくらいが、好まれる傾向にあるかもしれません。

 

女性の場合

女性はドレス・ワンピースなどのスカートスタイルが求められ、羽織りものやジャケットも薄手のものがほとんどです。

涼しい気候は肌寒く感じ、特に冬は外移動する際に要注意です。

また、女性は和装の場合もありますので、難しいところです。

 

それぞれの季節の注意点

婚式をあげる方全員が、秋に執り行うわけではありません。

お二人の事情も色々とありますので、どこかの季節で行うわけですが、季節で異なる注意点を紹介しますので、押さえておきましょう。

 

春:3〜5月

異動や引っ越しなど、新生活が予定されている時期ですので、早めの案内を心がけましょう。

また、5月は大型連休がありますが、連休中日の結婚式は前後の予定が立てづらいので、連休中の日取りは注意して行うことをオススメします。

お二人のどちらかが花粉症をお持ちでしたら、春は難しいかもしれませんので、別の季節を選ばれた方が良いでしょう。

 

夏:69

ジメジメして大変暑い季節です。

挙式や披露宴会場に大きな窓があると、差し込む日差しで大変暑いことがあります。

また、野外は男性が辛く女性もメイクの心配がありますので、極力演出で野外を使うのはやめましょう。

6月中旬から7月中旬は梅雨でもありますので、屋外が中心の式場はあまり好ましくないかもしれません。

うちわや冷たいウェルカムドリンク、制汗スプレーなどを準備して、暑さ・汗対策をしてあげると喜ばれると思います。

 

秋:1011

大変人気の季節なので、会場が押さえられるかが鍵です。

また、他の結婚式の招待がゲストにあるかもしれませんので、早めの声がけや案内をしましょう。

シルバーウィークに執り行う場合は、日取りにも注意しましょう。

 

冬:122

大変寒いですので、屋外演出をされる際は長時間は避けましょう。

風邪やインフルエンザの恐れもありますので、お二人は特に体調管理が重要です。

また、雪による交通機関の影響も考えられますので、会場へのアクセス対策をしておく必要もあります。

会場ではカイロやひざ掛けなどの準備をしてあげると、ゲストに大変親切です。

 

豪雨や台風の対応は大丈夫?

節とは違い、一年を通して考えておかなければならないことがあります。

結婚式が行われる予定日に豪雨や台風があった場合、どうゆう対応になるのかを申し込み前に確認しておきましょう。

式場によってその対応は様々で、全額支払いの場合もあれば、一部負担の場合もあります。

以下の2点は契約時に必ず確認しましょう。

 

キャンセルや延期の料金について

悪天候のためにキャンセルや延期を余儀なくされた場合、どうゆう支払い金額になるのかを確認しましょう。

多くの場合、予定見積もりの何%の支払いかをキャンセル・延期申し込みがあった時期によって規定しています。

大型台風が迫っている場合は、ゲストを考えて延期をするという難しい判断も必要かもしれません。

 

災害時の対応について

地震などの災害が起った場合の対応も、確認しておきましょう。

式場が被害にあった場合は支払いは発生しないですが、お二人のご両親や親族の地域で災害が発生したなどの場合は、式場によって対応が異なります。

災害はいつ何時起こるかわかりません。

申し込み前の確認は、かならず行いましょう。

 

さて、結婚式は一生に一度の大イベント。

だからこそ、妥協せずにこだわって、豪華にしたい・ゲストを楽しませたいと思うのは当然です。

 

大谷
大谷

とはいえ、こだわりすぎると、当然見積もりはどんどん上がりますが、でも、こだわった豪華な結婚式をお得に挙げられたら最高ですよね?

ブライダルアドバイザーが、金額はお得になるのに、クオリティは高くなり、友達から「うらやましい」と思われる豪華な結婚式を叶える方法を公開中!

\詳しくはこちら/

クリックして詳細をチェックする

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
時期結婚式
フォローする
Baibley Wedding