挙式に種類が色々あるけど、どれにしたらいいの?式場見学前に押さえよう

種類

婚式をしようと決めたお二人は、どうゆうスタイルで行うか決めなければなりません。

種類が色々あって選ぶのは難しいと思われていることでしょう。

結婚式は挙式と披露宴と分けられますが、今回は挙式について掘り下げていきます。

これから式場見学を考えているお二人は必読です。

 

お得にはしたいけど、豪華な結婚式は諦めたくない!
質素な内容でゲストをガッカリさせたくない!

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画&7メールプログラムで
1週間限定の無料公開

挙式とは何をするためのもの?

婚式は、挙式と披露宴の2つから作られていて、どちらも行うことをわかりやすく伝えるために「結婚披露宴」や「挙式披露宴」という言い方をする場合もあります。

では、挙式とは何をするために行うのでしょうか?

挙式とは、お二人が夫婦となる為の儀式のことです。

挙式の後に行われる披露宴は、夫婦となったことをゲストに報告する場であり、楽しくお祝いする場でもあります。

 

それぞれの挙式には共通点がある

本で行われる挙式には、色々と種類があります。

それぞれの挙式は、見た目も方法も全く異なるのですが、全てに共通することがあります。

それは誰かに対して誓いをたてているということです。

神仏に誓うことが多いですが、最近はゲストに誓いと立てることも増えています。

 

挙式スタイル

は、現在日本で行われている挙式にはどんなものがあるのか、一般的な流れと、誰に誓いをたてるのかもあわせて解説していきます。

 

キリスト教式

その名の通り、キリスト教のしきたりに沿った挙式です。

挙式と聞けば、一番に思い描くスタイルだと思います。

バージンロードを歩き、神父または牧師に司式者を務めていただきます。

最後はフラワーシャワーやバルーンリリースがお決まりの流れです。

参列は祝福したい方全てが参列できるのも、大変人気が高い理由ではないでしょうか。

お二人は神様に夫婦となることを誓います。

流れ(式次第)

進行の流れの例です。

進行は2つありますが、多くの式場でプロテスタント式が取り入れられています。

  1. ゲストの入場・着席
  2. 前奏
  3. 牧師と新郎の入場
  4. 新婦と新婦父の入場
  5. 讃美歌合唱
  6. 聖書朗読・祈祷(きとう)
  7. 誓約(せいやく)
  8. 指輪交換
  9. 署名
  10. 祈祷(きとう)
  11. 結婚の宣言
  12. 讃美歌合唱
  13. 祝祷(しゅくとう)
  14. 新郎新婦退場

 

神前式

神道のしきたりで行われる、日本の伝統的な挙式です。

祝詞奏上(のりとそうじょう)、玉串奉奠(たまぐしほうてん)は、この神前式で行います。

本来は親族が参列する式でしたが、現在は大変仲の良い友人が参列したり、会社関係のゲストまで参列できる会場も出てきています。

キリスト教式と同様にお二人は神様に誓いをたてます。

流れ(式次第)

神社や会場、地域によって内容が異なる可能性がありますが、一般的な流れを記します。

  1. 参殿(さんでん)
  2. 修祓(しゅうばつ)
  3. 斎主一拝(さいしゅいっぱい)
  4. 献饌(けんせん)
  5. 祝詞奏上(のりとそうじょう)
  6. 三献の儀(さんこんのぎ)
  7. 指輪交換
  8. 誓詞奏上(せいしそうじょう)
  9. 玉串奉奠(たまぐしほうてん)
  10. 親族杯の儀(しんぞくはいのぎ)
  11. 撤饌(てっせん)
  12. 斎主一拝(さいしゅいっぱい)
  13. 退場

 

仏前式

あまり馴染みのないスタイルですが、神前式とともに日本古来の挙式スタイルです。

「仏の慈悲によって、二人の結婚は前世から因縁付けられている」という仏教の教えに沿って行われます。

仏様とご先祖様にお二人の誓いをたてますが、来世までの結びつきを誓うのも仏前式の特徴です。

ホテル・専門式場では執り行える施設がほとんどなく、寺院で行うか、自宅に仏壇があれば僧侶を招いて行うこともできます。

アップル社の共同設立者スティーブ・ジョブズ氏も、仏前式で挙式を行いました。

流れ(式次第)

会場、地域によって内容が異なる可能性がありますが、一般的な流れを記します。

  1. 入道(にゅうどう)
  2. 敬白文朗読(けいびゃくぶんろうどく)
  3. 念珠授与(ねんじゅじゅよ)
  4. 指輪交換
  5. 誓約の辞(せいやくのじ)
  6. 新郎新婦焼香
  7. 式杯(しきはい)
  8. 導師法説(どうしほうせつ)
  9. 合唱・礼拝(らいはい)・退堂(たいどう)

 

人前式

これまで紹介した挙式は、全て神仏の前で結婚を誓う方法でしたが、人前式はゲストの前で誓いを立てる挙式です。

新郎新婦の宗教が異なるため、結婚を誓う相手をゲストにすることで回避したことが人前式の由来ですが、形にとらわれないオリジナリティが出せる点でも、とても人気になりました。

自作の結婚証明書でゲストに結婚を誓う様子は、アットホームな印象で大変好評です。

流れ(式次第)

人前式はしきたりや伝統がないため自由ですが、よく見られる流れとして記します。

  1. ゲスト入場
  2. 新郎新婦入場
  3. 新郎新婦紹介
  4. 誓いの言葉
  5. 指輪交換
  6. 婚姻届の紹介・捺印
  7. 新郎新婦退場

 

日本は信仰心が薄い国

本は海外から見ると特殊で、かなり信仰心が薄いです。

海外は信仰する宗教に基づく挙式をすることがほとんどですが、日本にはそれがありません。

『ゼクシィ結婚トレンド調査2017』では、挙式スタイルについてアンケートを取っていますが、日本ならではの結果が出ています。

 

どの挙式をした?(アンケート結果)

実際に行なった挙式スタイルを問うアンケートでは、キリスト教式が半数を超えています。

質問:実施した挙式形式は?

1位 キリスト教式 54.6%

2位 人前式 27.3%

3位 神前式 16.6%

4位 仏前式 0.5%

 

選んだ理由は?(アンケート結果)

実施した挙式スタイルを選んだ理由も、好みや憧れ、雰囲気から選ぶという理由がほとんどでした。

質問:挙式形式の選択理由

1位 その形式に憧れていた 43.6%

2位 式場の中に施設があったから 35.8%

3位 施設全体の雰囲気がよかったから 29.2%

4位 多くの人に参列してもらえるから 10.5%

位 着たい婚礼衣装の関係 9.7%

位 結婚相手の意向 5.6%

 

挙式のみの結婚式もある

婚式は披露宴を行わずに挙式のみの場合もあります。

準備期間が短く披露宴までは対応できない場合や、身内だけを呼んで行いたい場合などで選ばれています。

経済的な面でも抑えられるので、新生活や旅行に費用をまわしたいお二人に選ばれている方法です。

 

披露宴会場のみですむ挙式・披露宴もある

式と披露宴は別で会場を準備しますが、披露宴会場だけで挙式・披露宴を行える方法があります。

人前式を選べば、ゲストへ誓いを立てるので場所はどこでも構いません。

披露宴会場で挙式・披露宴を行えば、ゲストの移動の負担や時間が無くなりますし、会場費用も押さえられます。

 

お二人の憧れは?誰に誓いを立てる?

式はお二人の好みで選べます。

会場のチャペルが気に入ったから、自由な方法で行いたいから、由緒正しきやり方を取り入れたいからと、理由は皆それぞれです。

式場見学に行くまでに決まっていると一番ですが、決められない場合は、まずは会場を見てからお二人の気持ちを確認するのも良いかもしれません。

 

さて、結婚式は一生に一度の大イベント。

だからこそ、妥協せずにこだわって、豪華にしたい・ゲストを楽しませたいと思うのは当然です。

 

大谷
大谷

とはいえ、こだわりすぎると、当然見積もりはどんどん上がりますが、でも、こだわった豪華な結婚式をお得に挙げられたら最高ですよね?

ブライダルアドバイザーが、金額はお得になるのに、クオリティは高くなり、友達から「うらやましい」と思われる豪華な結婚式を叶える方法を公開中!

\詳しくはこちら/

クリックして詳細をチェックする

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
種類結婚式
フォローする
Baibley Wedding