結婚式を始める時間は何時がいい?一般的な結婚式の時間はどれくらい?

時間

婚式場を見学している時は、テンションもあがっていて楽しい時間ですが、さぁこの式場に申し込むぞ!という時にとても悩む大きな問題があります。

れは、結婚式を始める時間を何時にすればいいのか?ということです。

申し込みの時にほとんどの場合で、ウエディングプランナーから「どうなさいますか?」と聞かれます。

結婚式という大きなお買い物でプチパニックが起きそうな所に更なる難題!という所ですが、申し込むには時間を決めなくてはなりませんので仕方ありません。

今回は、結婚式の開始時間をどう考えれば良いかを紐解いていきます。

 

お得にはしたいけど、豪華な結婚式は諦めたくない!
質素な内容でゲストをガッカリさせたくない!

友達から「うらやましい」と思われる
豪華な結婚式を安く挙げる方法を
3Step動画&7メールプログラムで
1週間限定の無料公開

結婚式の構成

本情報として「結婚式」と呼んでいますが、挙式披露宴の2つから成り立ちますが、挙式のみ・披露宴のみ・挙式+披露宴と、お二人のご要望によって大きく違います。

挙式とは、夫婦となる儀式

種類はキリスト教式、神前式、人前式、仏前式とありますが、誓う相手は違えど全て儀式です。

披露宴とは、夫婦となったお祝いの宴

披露パーティーとも呼ばれますが、ゲストに夫婦となったお互いを知ってもらうこと、二人の新たな出発を祝う場、などの役目を担っています。

まずはこの3つの結婚式パターンを選ぶことから始めます。

 

結婚式全体の時間

婚式の全体時間は、挙式と披露宴、移動で決まります。

おおよその時間はこのようになります。

挙式:どのスタイルでも30分程度
披露宴:2時間30分が多い

挙式と披露宴の間には、会場間の移動がありますので、移動時間に30分を要します。

3つの時間を合計すると3時間30分で、これが結婚式全体の時間となるのです。

あとは、お二人の結婚式の進行や要望によって、時間がプラスされていきますので、挙式披露宴で行う場合は最短でも3時間30分だと思ってください。

 

時間追加は衣装チェンジの回数が大きく影響する

間の追加が発生する可能性は、挙式披露宴で衣装を何点着るか、で決まると言っても過言ではありません。

衣装チェンジが入れば、披露宴中のイベントが多くなります。

ケーキカットやプロフィール動画などの演出も考慮すると、どうしても2時間30分では収まらないので3時間披露宴で行うことにした、というケースが一番多いです。

 

洋装→和装チェンジは時間がかかる

装の中でも、もっとも時間を気にしなければならないのが、洋装から和装への衣装チェンジが入る場合です。

衣装チェンジでもっとも時間を要するのが洋装から和装への変更で、洋装から洋装よりもプラス15〜20分必要なので、披露宴中にゲストといる時間を長くするために3時間披露宴に変更、ということもあります。

洋装から和装へのチェンジの要望が多いので紹介しましたが、和装から和装も時間がかかりますので、ご注意ください。

 

和装入場で披露宴開始時間が変わる?

式から披露宴の間で要望が多いのは多いのは、洋装で挙式をし、和装で披露宴入場です。

挙式同様の衣装であれば、お二人とゲストの移動時間のみですが、衣装チェンジが入るとその分披露宴の開始時間が下がります。

30分は下がりますので、挙式が終わって1時間後に披露宴の開始となります。

 

結婚式開始時間はゲストと日取りから考える

婚式自体の時間は大体把握できたとして、本題の結婚式の開始時間をどう決めればいいのでしょうか?

それは、お二人が招待する予定のゲストの居住地と、結婚式の日取りから決めることです。

結婚式は、お二人の大切なゲストへ結婚を発表する機会です。

ゲストあっての結婚式とも言えますので、招待する予定のゲストの多くがどこにお住まいか、を中心にして考えていきましょう。

また、結婚式が土曜日なのか日曜日なのか、平日なのかでも変わってきますので、日取りを考慮することも忘れないでください。

結婚式は午前・午後・夕方開始を大きく分けられますので、それぞれの場合のメリット・デメリットをお伝えします。

 

午前開始の場合

メリット

大のポイントは、料理を召し上がる時間がお昼になるので、料理がとても美味しく召し上がれます。

普段の食事のペースにあった時間ですので、式前に食べていこうかどうか?などをゲストが考えなくても良いです。

また、夕方には披露宴が終わっていますので、明日仕事のゲストや遠方のゲストは、かなり負担が少ないです。

デメリット

日が仕事のゲストは、朝早くから準備・移動をしなければならないので、負担がかかります。

特にそのゲストが遠方で、前日に移動しなければ間に合わない場合は、前日の仕事の都合もつけなければなりません。

また、ご親族では留袖などをお召しになる方がいますが、早朝からの準備となりますので、美容着付けを式場で配慮する必要もあります。

そして、前日現地入りのゲストが比較的多くなりますので、ゲストの宿泊代の一部負担がお二人には発生することも忘れてはなりません。

 

午後開始の場合

メリット

前中を使って移動・準備ができますので、遠方のゲストや和服をお召しになるゲストにも負担が少ないです。

前日仕事のゲストでも十分間に合います。

また、二次会を行う場合は、披露宴終了時間が夜に差しかかりますので、開始しやすいのも嬉しいです。

デメリット

をすぎて夕方に差し掛かる時間ですので、料理を召し上がる時間が微妙です。

空腹を我慢するか、何か軽く食べていくか、とゲストが少し悩みます。

また、披露宴終了が夜になりますので、明日仕事のゲストには負担があり、遠方のゲストは宿泊するか帰宅するかと悩まれる時間でもあります。

宿泊するなら、宿泊施設の配慮もしてあげる必要がお二人には出てきます。

 

夕方開始の場合

メリット

日祝日が基本となる結婚式ですが、夕方からスタートとなれば仕事終わりのゲストが参加できる可能性がありますので、少し早めに仕事を切り上げて平日開催もあり得ます。

そうなると、式場は平日開催が少ないため見積もりも安く案内できますので、結婚式総額が安くなるメリットも出てきます。

また、ナイトウエディングは大変雰囲気がよく、お二人にもゲストにも思い出深い結婚式が行えます。

披露宴の料理も夕食時ですので、大変美味しくいただける時間です。

デメリット

露宴終了が大変遅くなりますので、多くのゲストの宿泊・帰宅を考えなければなりません。

明日仕事で遠方のゲストは、ほとんど参加できないでしょう。

二次会の開催も大変遅い時間ですので、まずできません。

また平日開催となれば、遠方のゲストは難しいので、出席者は近場の方と限定されます。

 

両親とも相談をしよう

ストと日取りを考慮して結婚式の開始時間を決めますが、なかなかお二人では行き届かないところもあります。

ですので、必ずお二人のご両親とも話し合って開始時間は決めましょう。

ご両親は親族の状況も把握されていますし、社会経験も豊富ですので、お二人の場合、どう優先的に考えて決めればいいか、を総合的に考えてくれます。

見学した式場でプランナーから申し込みを迫られても、一度は持ち帰ってご両親と話し合う機会を設けてください。

 

開始時間は空き状況次第で変更可能なことも

し、すでに申し込んでしまっていて、考えた末に開始時間を変更したい!としたら、その日の会場の空き状況で変更は可能です。

まずは担当のウエディングプランナーに時間変更したい旨を伝えて、可能かどうかを確認してみましょう。

結婚式は大変高額で、多くの方を大切な呼ぶイベントです。

十分に検討して、開始時間を決めるようにしましょう。

 

さて、結婚式は一生に一度の大イベント。

だからこそ、妥協せずにこだわって、豪華にしたい・ゲストを楽しませたいと思うのは当然です。

 

大谷
大谷

とはいえ、こだわりすぎると、当然見積もりはどんどん上がりますが、でも、こだわった豪華な結婚式をお得に挙げられたら最高ですよね?

ブライダルアドバイザーが、金額はお得になるのに、クオリティは高くなり、友達から「うらやましい」と思われる豪華な結婚式を叶える方法を公開中!

\詳しくはこちら/

クリックして詳細をチェックする

 

記事を書いた人
大谷 誠一郎

1987年5月生まれ。

福岡県出身・在住

過去に、株式会社ベルコが運営する、結婚式場「ベルクラシック八幡」の専属ウェディングプランナーとして勤務。

在籍中は、新郎新婦の相談役や営業を主として、目を通した見積もりは1,000件を超える。

あまりに高い金額のため、一生に一度の結婚式を諦める方や、式場とのトラブルに巻き込まれる方を救いたいと思い、『ブライダルアドバイザー』として起業。

フォローする
時間結婚式
フォローする
Baibley Wedding